[スポンサーリンク]

ケムステニュース

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

[スポンサーリンク]

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを目的とし、ハッシュタグチャレンジ「#AGCチャレンジ」を2021年2月26日(金)より開始しました。また、公式動画として、TVCMキャラクタ―の広瀬すずさんもチャレンジに参加します。 (引用:PR TIMES 2月26日)

ガラスの製造・販売で最大手であり、その他にも多様な化学品を取り扱うAGCは、2月から女優の広瀬すずさんを起用した新しいCMを放映しています。内容は「AではじまりCでおわる素材の会社はAGC」という歌に合わせてAとCの札を出して独特なリズムをとっているもので、とても単純ですが素材の会社AGCが頭に残るようなCMになっています。

2月から放映が始まったCM

そしてこのCMに関連してTikTokを使った「#AGCチャレンジ」が2月26日から始まりました。この企画では、広瀬すずさんが「A」「G」「C」の3文字で会社名AGCを紹介しているように、自分ならではのアルファベット3文字を使って、自分を表現した動画を投稿することができます。すでに多く人の投稿があり、様々な三文字が紹介されています。化学であれば、「IではじまりAでおわるアルコール系溶媒はIPA」でしょうか?

さらにAGCのサイトに特設ページが設けられていて、CMや#AGCチャレンジの紹介だけでなく、AGCの製品がどこで使われているかを知ることができます。製品紹介では分野ごとに簡潔に解説されていて、詳しい内容はリンクを進むと知ることができます。

AGCのスマホ用ガラスの耐久性を示す動画

分野別に応用先を紹介するコンテンツは一般的ですが、AGCでは具体的にどこに使われているかを強調しています。それがわかる一つ目のポイントとして自動車向けのガラスについてで、化学品の製造元を最終製品の外見から知ることがあまりありませんが、自動車向けのガラスには端部に準拠している規格など共にガラスを製造した社名が刻印されていることを解説しています。2つ目のポイントは塗料についてで、実際にAGCの塗料が使われた建築物が紹介されています。化学品の供給先の情報は顧客情報であるため開示できないことが多い中、どこに使用されているかが明確に示されていてより身近に感じられる内容だと思いました。リンク先の情報は、別サイト「あなたのまわりのAGC」の一部であり、CMの特設サイト以外の応用に関する情報も掲載されています。

AGCのフッ素系塗料が使われている東京ゲートブリッジ

AGCでは、2018年に社名を旭硝子株式会社からAGC株式会社に変更しましたが、それに伴いAGCという社名を強調するようなCMを放映してきました。

昨年放映されていたCM

この企画について、CM(YouTube)だけでなく若者に流行りのSNSで参加型のキャンペーンを行っていることが新鮮に感じられました。TiktokのAGCチャレンジでは、投稿動画の冒頭には必ず素材の会社AGCが入るため、投稿が共有されるほど宣伝になります。この仕掛けは、AGCというBtoBの会社を示しているからこそそれぞれの投稿が自然なコンテンツになっていると思います。化学品は、BtoBのビジネスでありCMやイメージ戦略で売り上げが大きく変わることはないと予想されますが、会社自体の認知度を社会の中で上げることを目的にこのような企画を行っていると考えられます。化学品がこの便利な世の中を下支えしているかを示すために、流行りのツールを活用して各社アピールをしてほしいと思います。

関連書籍

AGCに関するケムステ過去記事

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  2. 死海付近で臭素が漏洩
  3. 風力で作る燃料電池
  4. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  5. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  6. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  7. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  8. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  2. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  3. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  4. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  5. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki
  6. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  7. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)
  8. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  9. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  10. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP