[スポンサーリンク]


2013年 10月 08日

  1. 恋する創薬研究室

    ノーベル賞ウィークに湧いている科学界隈ですが、明日のノーベル化学賞を控えて、化学分野は1年に一度の"お祭"気分。通常の記事なんてなかなか手に付かないところですが、ノーベル化学賞発表の次の日、10月10…

  2. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??

    今年もやって参りましたノーベル賞週間!先日の医学生理学賞を皮切りに続々と…

  3. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

    トーマス・ズートホーフ(1955年12月22日)は、ドイツ生まれの生化学者・細胞生物学者。アメリカ合衆国で活躍。膜融合が起こる瞬間を決めるカルシウムイオンの役割を明らかにしました。

  4. ジェームズ・ロスマン James Rothman

    ジェームズ・ロスマン(1959年11月3日)は、アメリカ合衆国で活躍する生化学者・細胞生物学者。細胞内物質輸送の鍵を握る膜融合を分子レベルで理解するため、SNARE説を提唱し、これを示しました。

  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman

    ランディ・シェクマン(1948年12月30日-)ミネソタ州生まれの生化学者・細胞生物学者。細胞生物学の分野において膜交通研究の先駆的権威。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  2. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  3. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  5. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  6. 酵素を模倣した鉄錯体触媒による水溶液中でのメタンからメタノールへの選択的な変換を達成!
  7. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP