[スポンサーリンク]


2013年 10月 08日

  1. 恋する創薬研究室

    ノーベル賞ウィークに湧いている科学界隈ですが、明日のノーベル化学賞を控えて、化学分野は1年に一度の"お祭"気分。通常の記事なんてなかなか手に付かないところですが、ノーベル化学賞発表の次の日、10月10…

  2. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??

    今年もやって参りましたノーベル賞週間!先日の医学生理学賞を皮切りに続々と…

  3. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

    トーマス・ズートホーフ(1955年12月22日)は、ドイツ生まれの生化学者・細胞生物学者。アメリカ合衆国で活躍。膜融合が起こる瞬間を決めるカルシウムイオンの役割を明らかにしました。

  4. ジェームズ・ロスマン James Rothman

    ジェームズ・ロスマン(1959年11月3日)は、アメリカ合衆国で活躍する生化学者・細胞生物学者。細胞内物質輸送の鍵を握る膜融合を分子レベルで理解するため、SNARE説を提唱し、これを示しました。

  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman

    ランディ・シェクマン(1948年12月30日-)ミネソタ州生まれの生化学者・細胞生物学者。細胞生物学の分野において膜交通研究の先駆的権威。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)
  2. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  3. A値(A value)
  4. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  5. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP