[スポンサーリンク]


2013年 10月 08日

  1. 恋する創薬研究室

    ノーベル賞ウィークに湧いている科学界隈ですが、明日のノーベル化学賞を控えて、化学分野は1年に一度の"お祭"気分。通常の記事なんてなかなか手に付かないところですが、ノーベル化学賞発表の次の日、10月10…

  2. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??

    今年もやって参りましたノーベル賞週間!先日の医学生理学賞を皮切りに続々と…

  3. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

    トーマス・ズートホーフ(1955年12月22日)は、ドイツ生まれの生化学者・細胞生物学者。アメリカ合衆国で活躍。膜融合が起こる瞬間を決めるカルシウムイオンの役割を明らかにしました。

  4. ジェームズ・ロスマン James Rothman

    ジェームズ・ロスマン(1959年11月3日)は、アメリカ合衆国で活躍する生化学者・細胞生物学者。細胞内物質輸送の鍵を握る膜融合を分子レベルで理解するため、SNARE説を提唱し、これを示しました。

  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman

    ランディ・シェクマン(1948年12月30日-)ミネソタ州生まれの生化学者・細胞生物学者。細胞生物学の分野において膜交通研究の先駆的権威。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 銀を使ってリンをいれる
  2. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験をレビュー~
  3. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE
  4. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!
  5. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  6. 第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授
  7. 化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

注目情報

最新記事

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

PAGE TOP