[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ランディ・シェックマン Randy Schekman

ランディ・シェクマン(1948年12月30日-)は、アメリカ合衆国ミネソタ州生まれの生化学者・細胞生物学者。細胞生物学の分野において膜交通(membrane traffic)研究の先駆的権威。

細胞内の物質輸送がおかしくなった酵母の変異体を得て、変異遺伝子を同定しました。かけあわせて多重変異体を得て、どの区画までは正常に運ばれて、どこからは運ばれずに蓄積するか調べることで、原因遺伝子に設計図が書かれたタンパク質の機能が明らかにされました。2013年にノーベル医学生理学賞を受けました。

 

経歴

1975年 スタンフォード大学においてDNA複製の研究でPhD取得
2002年 Albert Lasker Award for Basic Medical Research 受賞
2002年 Louisa Gross Horwitz Prize 受賞
2010年 Massry Prize 受賞
2013年 ノーベル医学生理学賞 受賞

 

論文

1.   Novick P, Schekman R: Secretion and cell-surface growth are blocked in a temperature-sensitive mutant of Saccharomyces cerevisiae. Proc Natl Acad Sci USA 76:1858-1862, 1979 
2.   Novick  P,  Field  C,  Schekman  R:  Identification  of  23  complementation  groups  required  for  post-translational events in the yeast secretory pathway. Cell 21:205-215, 1980 
3.   Novick P, Ferro S, Schekman R: Order of events in the yeast secretory pathway. Cell 25:461-469, 1981 
4.   Kaiser CA, Schekman R: Distinct sets of SEC genes govern transport vesicle formation and fusion early in the secretory pathway. Cell 61:723-733, 1990
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute…
  2. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  3. 林 民生 Tamio Hayashi
  4. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  5. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  6. Junfeng Zhao
  7. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  8. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 抗菌目薬あす発売 富山化学工業 国内初の小児適用
  2. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  3. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  4. ライセルト反応 Reissert Reaction
  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  6. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」
  7. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018
  8. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  9. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  10. 天然階段状分子の人工合成に成功

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP