[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

[スポンサーリンク]

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願いします!

今回のVシンポでは、NMRやVCDといったスペクトルと計算化学を駆使して分子の構造を紐解く様々な手法を取り上げます!
最近開催された第28回「電子顕微鏡で分子を見る!」に引き続き、今回は小分子の構造解析を重点的にご紹介します。

講師の先生方は、先日開催された天然物討論会にもご参加された、有機合成・天然物化学分野に関連性の深い研究者です。有機合成・天然物化学分野にとって、構造解析はすべての基本となる最も重要な能力と言って過言では有りません。今回のVシンポでさらなる理解を深めていただければと思います。

実施概要

第31回ケムステVシンポジウム
「精密有機構造解析
対象:誰でも
開催日:2022年10月13日(木)
講演会:18:30~21:00(1名30分、講演25分+質疑応答5分程度を目安、各講演間に休憩5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着1000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者


1. 越野広雪 先生(理研、ユニットリーダー)
「NMRを用いた構造解析と構造訂正研究」
2. 深谷圭介 先生(富山県大工、助教)
「多配座解析処理プログラムの開発とNMR計算による天然物の構造解析」
3. 谷口透 先生(北大院生命、講師)
「円二色性・赤外円二色性による立体構造決定の実践例と注意点」

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

講演会Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付

Vシンポ参加登録はこちら

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ #構造解析

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター
寄立 麻琴(九大院薬 助教・Chem-Stationスタッフ)

モデレーター
宮田 潔志(九大院理 助教・Chem-Stationスタッフ)
安田 大輔(大阪医薬大薬 助教・Chem-Stationスタッフ)
市山 泰我(Chem-Stationスタッフ)

 

講演者のご紹介

越野 広雪 先生(理化学研究所)
略歴
1990年3月  北海道大学大学院農学研究科博士課程修了 農学博士
1990年4月  理化学研究所・基礎科学特別研究員(抗生物質研究室)
1992年4月  理化学研究所・分子構造解析室・研究員
2000年6月  理化学研究所・分子構造解析室・室長
2003年10月 独立行政法人理化学研究所・先端技術開発支援センター・物質構造解析チーム・チームリーダ
2008年4月  独立行政法人理化学研究所・基幹研究所・先端技術基盤部門・物質構造解析チーム・チームヘッド
2009年10月 独立行政法人理化学研究所・基幹研究所・ケミカルバイオロジー研究基盤施設・物質構造解析チーム・チームヘッド
2013年4月  独立行政法人理化学研究所・袖岡有機合成化学研究室・副主任研究員  (兼務)グローバル研究クラスタ・連携支援ユニット
2015年4月  国立研究開発法人理化学研究所・環境資源科学研究センター・技術基盤部門・分子構造解析ユニット・ユニットリーダー (現在に至る)

主な研究内容
NMR、MSおよび円二色性分散(CD)などを駆使した分子構造解析
HP: 分子構造解析ユニット

深谷 圭介 先生(富山県立大学)
略歴
2008年4月 – 2012年3月
慶應義塾大学理工学部応用化学科
2012年4月 – 2014年3月
慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 博士前期課程
(指導教員: 千田憲孝教授)
2014年4月 – 2017年3月
慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 博士後期課程 博士(理学)
(指導教員: 千田憲孝教授・佐藤隆章准教授)
2016年4月 – 2018年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
2017年4月 – 2018年3月
テキサス大学オースティン校 博士研究員 (Michael J. Krische教授)
2018年4月 – 現在
富山県立大学工学部生物工学科 助教

主な研究内容
計算化学による天然物の構造解析・反応遷移状態の予測と合成への応用
HP: 富山県立大学工学部生物工学科 生物有機化学講座

谷口 透 先生(北海道大学大学院 先端生命科学研究院)
学歴
2002年 北海道大学理学部 卒業
2005年-2006年 コロンビア大学化学科 visiting scholar
2007年 北海道大学大学院理学研究科博士課程 修了(博士:理学)
同年 コロンビア大学化学科 博士研究員
2008年 ハーバード大学化学・化学生物学科 博士研究員
2010年 北海道大学大学院先端生命科学研究院 助教
2019年 北海道大学大学院先端生命科学研究院 講師

主な研究内容
赤外円二色性(Vibrational Circular Dichroism)スペクトルを利用した立体構造解析
HP: 化学生物学研究室

各先生の詳細な研究内容は追って記事を投稿予定です!

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。

科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。

弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。
以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。

リンクはこちら!

Merck

“350年以上の歴史を通して、メルクは世界中の科学に携わる研究者の皆様と共に歩んで参りました。皆様の研究活動にお役立て頂ける化学分野における最新情報は、Sigma-Aldrich ChemNewsで配信中!
ご登録はこちら

【定量NMR】近年、有機化合物を”定量”するための効率的なツールとして定量NMR(q-NMR)の利用が拡大しています。NMR装置を使用して定量的な測定を行い、最大限の精度と再現性を得るために役立つ情報や標準物質を紹介します。
カタログのご請求はこちらから

島津製作所

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)→詳しくはこちら

 

関連リンク

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  2. 魔法のカイロ アラジン
  3. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  4. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  5. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)
  6. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  7. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  8. 第47回天然物化学談話会に行ってきました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  2. クラウド版オフィススイートを使ってみよう
  3. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  4. 改正 研究開発力強化法
  5. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  6. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base
  7. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい
  8. サイエンスアゴラ2015総括
  9. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  10. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

化学コミュニケーション賞2022が発表

「化学コミュニケーション賞2022」は、(株)化学工業日報社、(一社)化学情報協会の共催、(国研)科…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP