[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

    第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分子化学)秋根茂久研究室助教・酒田陽子先生にお願いしました。秋根研究室では、金属と配位子の間の可逆的な相互作用に着目し、大きな金属錯体…

  2. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成

    第121回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科 柴田高範研究室出身…

  3. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  4. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

    第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

  5. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

    第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

  6. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見

  7. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

  8. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

  9. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー

  10. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!

  11. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

  12. 無保護アミン類の直接的合成

  13. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―

  14. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  15. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  16. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 吉野 彰 Akira Yoshino
  2. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  3. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  4. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  5. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  6. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る
  7. 有機化学美術館が来てくれました

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

PAGE TOP