[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David Sarlah研より

    海外留学記もついに第30回目。今回は、イリノイ大学アーバナ•シャンペーン校(UIUC)のDavid Sarlah研に留学されている奥村美樹子さんにお願いしました。奥村さんは留学前の日本の研究室で私(Orthogonene)の先輩にあ…

  2. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

    第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

  3. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

  4. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

    「ケムステ海外研究記」の第28回目は、スクリプス研究所(Ryan Shenvi研)研究員・大多和正樹…

  5. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

    第152回目のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府応用化学専攻・佐野浩介さん(博士前期…

  6. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

  7. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-

  8. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  9. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功

  10. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

  11. き裂を高速で修復する自己治癒材料

  12. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発

  13. メタンガスと空気からメタノールを合成する

  14. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!

  15. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

  16. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  2. 2011年10大化学ニュース【後編】
  3. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–
  4. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  5. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  6. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒
  7. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

PAGE TOP