[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-

[スポンサーリンク]

第145回目のスポットライトリサーチは、京都大学大学院理学研究科北川研究室の博士学生・張権さんにお願いしました。

北川研究室では、様々な機能性ナノ合金材料の設計・合成が行われています。特に、「元素間融合」と呼ばれる技術はその中でも特筆すべきものです。例えば、ロジウム(原子番号45)と銀(原子番号47)からなる合金がパラジウム(原子番号46)のような水素吸蔵性を持つことを報告しています。

今回の研究はナノ合金の精密設計に関するもので、以下のとおりNature Communication誌に掲載されました(オープンアクセスなので、どなたでも読めます)。また、プレスリリースで注目されています。

Selective control of fcc and hcp crystal structures in Au–Ru solid-solution alloy nanoparticles

Q. Zhang, K. Kusada, D. Wu, T. Yamamoto, T. Toriyama, S. Matsumura, S. Kawaguchi, Y. Kubota, H. Kitagawa

Nature Communications 2018, 9, 510. DOI: 10.1038/s41467-018-02933-6

今回インタビュー内容は英語ですが、分かりやすく書いていただきました。それでは、研究の詳細をご覧ください!

Q1. 今回のプレス対象となったのはどんな研究ですか?

The crystal structure is one of the most dominant factors that strongly affect the properties of an alloy because the electronic and surface structures change drastically with the crystal structure. However, to date, the influence of the crystal structure has rarely been studied because control of the crystal structure of alloy NPs is still a great challenge. In this work, we propose a new approach for selective control of the crystal structure in solid-solution alloys by using a chemical reduction method. By precisely tuning the reduction speed of the metal precursors, we demonstrated the first example of selective control by synthesizing fcc- and hcp-AuRu3 alloy nanoparticles. The alloy adopts a fcc structure when the Au precursor starts to be reduced slightly earlier, while it adopts an hcp structure when the reduction of Ru precursor begins slightly earlier.

金属組成を変えずに固溶体合金の構造を合成条件(構成元素のどちらの金属塩をわずかに先に還元させるか)によって選択的に作り分けることができたという点が最も大きな成果です。

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

In general, the properties of alloy NPs have been controlled by the size, morphology, constituent elements and compositional ratio. The influence of the crystal structure on the properties of alloy NPs has rarely been studied. In this work, by proposing a new approach for selective control of the crystal structure, we introduced a new material design degree of freedom, “crystal structure”, to create novel chemical and physical properties for alloy NPs. In addition, our concept can provide a new method for controlling the crystal structure of not only Au–Ru system but also other alloy systems consisting of several elements that adopt different structures.

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

The key step for this research is the reduction speeds control of the metal ions. We believe the reduction speed can be adjusted through choosing suitable metal precursors. Therefore, the reduction speeds of precursors with different ligand were first tested. Then, the precursors were combined to form the alloy NPs. This part of work takes around one year. I remember every day four or five syntheses were conducted but most of them were failed results. After carefully analyzing these experimental results, we gradually approach the final achievement. So, I think most of the good results cannot be achieved for few experiments. In addition, please carefully analyze your experimental results including the failed one, because even the fail experimental results may provide you some useful information.

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

Nowadays, with the increasing environmental concerns and accelerated consuming of fossil fuels, search for the alternative energy is becoming a significant issue for worldwide researchers. Chemistry plays an important role in developing the new clean energy. For metal and alloy NPs, one of the most important applications is catalysis on reactions for clean energy conversion for example, fuel cells, water electrolysis, metal–air batteries, and CO2 to fuel conversion. At present, we are focused on the developing of new solid solution alloy NPs and the basic property control of these alloy NPs. We will further explore their applications on catalysis clean energy conversion reactions and hope we can make a contribution to the development of the clean energy.

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

As a researcher in chemistry, we always meet some challenges and difficulties during the research. The process for solve these problems may take us a large amount of time. It is easy to make us feel disappointed. When you are in these situations, please keep optimistic and believe that there are no obstacles that cannot be overcome. Discussion is a very useful way to help you extricate yourself from a difficult situation and save your time on solving the problems. Please enjoy the fun of research and hope every young researcher can harvest plentiful result.

関連リンク

• 京都大学大学院理学研究科北川研究室

• 京都大学プレスリリース

研究者の略歴

名前:張 権 (チョウ ケン, ZHANG QUAN)

所属: 京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 固体物性化学研究室
略歴:1988年9月、中国河南生まれ。2010年6月、中国河南大学卒業。2013年3月、中国東華大学卒業。2014年10月、京都大学大学院理学研究科研究生(北川 宏 教授)。2015年4月、京都大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程編入学(北川 宏 教授)。
研究テーマ:固溶体ナノ粒子の合成及び電極触媒特性の研究

Orthogonene

投稿者の記事一覧

有機合成を専門にするシカゴ大学化学科PhD3年生です。
趣味はスポーツ(器械体操・筋トレ・ランニング)と読書です。
ゆくゆくはアメリカで教授になって活躍するため、日々精進中です。

http://donggroup-sites.uchicago.edu/

関連記事

  1. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生
  2. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  3. ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで …
  4. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  5. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  8. プロドラッグって

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アフリカの化学ってどうよ?
  2. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  3. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  4. イレッサ /iressa (gefitinib)
  5. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学
  6. 役に立たない「アートとしての科学」
  7. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration
  8. 安全なジアゾ供与試薬
  9. 最近の有機化学論文2
  10. 情報守る“秘密の紙”開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP