[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー分析化学

  1. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

    2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版)概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の使い方を平易に解説したハンドブック.(引用;化学同人書籍紹介よ…

  2. [書評]分子の薄膜化技術

    概要スマートフォンや大型ディスプレイに搭載されている有機ELは、1980年代から世界中で熾烈…

  3. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

    2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

  4. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

    kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

  5. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳

    概要◆書籍の特徴◆本書は230個の空間群について,簡単な群から複雑な群まで順を追って解説…

  6. 【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

  7. 基礎から学ぶ機器分析化学

  8. NMR in Organometallic Chemistry

  9. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録

  10. これならわかるNMR/二次元NMR

  11. これならわかる マススペクトロメトリー

  12. 液クロ虎の巻シリーズ

  13. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)

  14. 生涯最高の失敗

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  2. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  3. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして
  4. Happy Friday?
  5. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  6. あなたの合成ルートは理想的?
  7. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP