[スポンサーリンク]

分析化学

液クロ虎の巻シリーズ

[スポンサーリンク]

 

内容

液体クロマトグラフィーの現場で日々発生する素朴な疑問の数々。想定されるこれらの問題に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが、最先端の情報をもとに分かり易く答える。HPLCの基礎と理論、固定相と分離モードなど。

 

 対象

高速液体クロマトグラフィ(HPLC)を扱うすべての研究者

 

評価・解説

液クロ(高速液体クロマトグラフィ:HPLC)は企業でも大学でもNMRに並んで必要不可欠な分析機器となっています。液クロの現場で日々発生する素朴な疑問の数々に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが分かり易く答えているシリーズ。液クロ使用者にとって必見のテクニックが満載です。大変役立つ書籍です。

 

関連書籍

 外部リンク

分離科学という分野について (有機って面白いよね!)

理論段数 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー7
  2. 理系のための就活ガイド
  3. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  4. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  5. すごい分子 世界は六角形でできている
  6. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  7. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  8. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  2. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  3. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  4. M.G.フィン M. G. Finn
  5. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング
  6. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  7. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  8. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  9. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  10. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP