[スポンサーリンク]

分析化学

液クロ虎の巻シリーズ

 

内容

液体クロマトグラフィーの現場で日々発生する素朴な疑問の数々。想定されるこれらの問題に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが、最先端の情報をもとに分かり易く答える。HPLCの基礎と理論、固定相と分離モードなど。

 

 対象

高速液体クロマトグラフィ(HPLC)を扱うすべての研究者

 

評価・解説

液クロ(高速液体クロマトグラフィ:HPLC)は企業でも大学でもNMRに並んで必要不可欠な分析機器となっています。液クロの現場で日々発生する素朴な疑問の数々に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが分かり易く答えているシリーズ。液クロ使用者にとって必見のテクニックが満載です。大変役立つ書籍です。

 

関連書籍

 外部リンク

分離科学という分野について (有機って面白いよね!)

理論段数 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  2. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  3. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  4. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  5. 日本にノーベル賞が来る理由
  6. 有機反応機構の書き方
  7. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  8. 2016年2月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会
  2. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  3. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction
  4. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  5. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  6. クリストファー・チャン Christopher J. Chang
  7. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  8. 個性あるジャーナル表紙
  9. 高分子を”見る” その1
  10. 世界的性能の質量分析器開発を開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP