[スポンサーリンク]

分析化学

液クロ虎の巻シリーズ

 

内容

液体クロマトグラフィーの現場で日々発生する素朴な疑問の数々。想定されるこれらの問題に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが、最先端の情報をもとに分かり易く答える。HPLCの基礎と理論、固定相と分離モードなど。

 

 対象

高速液体クロマトグラフィ(HPLC)を扱うすべての研究者

 

評価・解説

液クロ(高速液体クロマトグラフィ:HPLC)は企業でも大学でもNMRに並んで必要不可欠な分析機器となっています。液クロの現場で日々発生する素朴な疑問の数々に、液クロ懇談会の精鋭メンバーが分かり易く答えているシリーズ。液クロ使用者にとって必見のテクニックが満載です。大変役立つ書籍です。

 

関連書籍

 外部リンク

分離科学という分野について (有機って面白いよね!)

理論段数 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Density Functional Theory in Qua…
  2. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  3. 有機合成のナビゲーター
  4. レーン 超分子化学
  5. 化学の歴史
  6. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  7. 天然物の全合成―2000~2008
  8. 有機合成の落とし穴

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  2. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  3. 文化勲章・受章化学者一覧
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~
  6. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  7. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  8. 化学と工業
  9. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  10. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP