[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機金属化学

  1. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

    ルイ・ユージーン・ブラス (Louis Eugene Brus, 1943年8月10日-, オハイオ州 Cleveland 出身) は、アメリカの化学者である。コロンビア大学教授。米国科学アカデミー会員(写真:コロンビア大学)。2023年ノ…

  2. 佐藤 一彦 Kazuhiko Sato

    佐藤 一彦(さとう かずひこ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の化学者である。産業技術総合研究所…

  3. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 19…

  4. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto

    星本 陽一(ほしもと よういち)は、日本の有機化学者である。大阪大学大学院工学研究科 准教授。専門は…

  5. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。…

  6. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

  7. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  8. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  9. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  10. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネフ反応 Nef Reaction
  2. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group
  3. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  4. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  5. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew
  6. ビアリールのアリール交換なんてアリエルの!?
  7. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP