[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機金属化学

  1. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。経歴1981年 3月 神奈川県立横浜緑ヶ丘高校 卒業1985年 3月 東京工業大学 理学部 卒業1987年 3月 東京工業大学 …

  2. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

    イゴール・ラロッサ(Igor Larrosa、1977年12月6日)は英国の有機化学者である。マンチ…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、1982年6月27日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

    キャサリン・M・クラッデン (Cathleen M. Crudden、1967年11月23日–)はカ…

  6. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa
  2. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  3. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  4. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  5. ペプチドの革新的合成
  6. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授
  7. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

注目情報

最新記事

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

PAGE TOP