[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機金属化学

  1. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)はスペインの有機化学者である。Institute of Chemical Research of Catalonia(ICIQ)教授。…

  2. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、1982年6月27日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  3. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

    キャサリン・M・クラッデン (Cathleen M. Crudden、1967年11月23日–)はカ…

  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. キセノン (xenon; Xe)
  2. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  3. 第47回天然有機化合物討論会
  4. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  5. 『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催
  6. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  7. 研究助成金を獲得する秘訣

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

PAGE TOP