[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機金属化学

  1. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。経歴1981年 3月 神奈川県立横浜緑ヶ丘高校 卒業1985年 3月 東京工業大学 理学部 卒業1987年 3月 東京工業大学 …

  2. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

    イゴール・ラロッサ(Igor Larrosa、1977年12月6日)は英国の有機化学者である。マンチ…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、1982年6月27日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

    キャサリン・M・クラッデン (Cathleen M. Crudden、1967年11月23日–)はカ…

  6. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラックマネーに御用心
  2. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  3. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  4. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  5. バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発
  6. 水素結合の発見者は誰?
  7. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

PAGE TOP