[スポンサーリンク]

archives

高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】

[スポンサーリンク]

 

講師 :元大阪市立大学産学連携コーディネーター 元大阪府立産業技術総合研究所 三刀 基郷 氏
【講師紹介】
平成6年6月?平成8年5月 日本接着学会  副会長
平成元年4月?平成17年3月 大阪大学工学部非常勤講師
平成10年4月 科学技術庁長官賞 受賞
日本接着学会関西支部監事
日時 : 2009年6月16日(火) 10:30?16:30
会場 : 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F D会議室
≪会場地図はこちら≫
受講料 :
(税込) 47,250円
⇒E-mail案内登録会員 44,800円
※資料・昼食付

申し込みはこちらをクリック!

講演内容 : <趣旨>
金属や無機物と高分子の界面物性は、接着、塗装、印刷などのプロセスをはじめ、充填剤、複合材料などの材料特性にも大きな影響を与えます。本講座では、金属・無機表面と高分子の界面相互作用の評価理論の紹介、それを用いた界面相互作用力の強化方法、金属・無機物と高分子の接着性・密着性に及ぼす因子と接着性・密着性向上策、接着耐久性の実際と理論、接着耐久性の向上策について解説します。
1.高分子/無機界面の相互作用
1.1 分子間力とぬれ、接着・密着
1.2 分子間力と表面自由エネルギー
1.3 分子間力の種類
1.4 分子間界面相互作用力の評価
1.5 分子間力に基づく接着・密着力
2.接着・密着性
2.1 接着強さの評価方法
2.2 接着強さと高分子の粘弾性
2.3 接着強さと内部応力
2.4 分子間界面相互作用力と接着強さ
2.5 接着強さの向上策
2.5.1 界面化学的観点から
2.5.2 粘弾性的観点から
2.5.3 表面形態(凹凸)の観点から
3.接着耐久性?金属接合物を例として
3.1 接着耐久性評価法
3.2 接着強度劣化の実際
3.3 接着耐久性の理論
3.4 接着耐久性の向上策
□質疑応答・名刺交換□
【前回参加者の声】
・ヒントを多く得られ、とても有意義でした。
・データ、式など豊富で非常に良かったです。
・説明もわかりやすかったです。
・当該分野で著名な方の講演を聞けてとてもためになりました。
・端的にポイントを説明され、理解しやすい構成でした。
・この内容のセミナーは講師により当たりはずれが大きいが、今回はとても有意義でした.

 
申し込みはこちらをクリック!
 
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  2. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  3. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  4. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  5. ターボグリニャール試薬
  6. マイクロ波化学の事業化プラットフォーム 〜実証設備やサービス事例…
  7. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  8. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  2. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  3. 有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joullié-Ugi三成分反応・(-)-L-755,807 の全合成・結晶中構造転移・酸素付加型反応・多孔性構造体
  4. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  5. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015
  6. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  7. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  8. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  9. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  10. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP