[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

[スポンサーリンク]

キャサリン・M・クラッデン (Cathleen M. Crudden、1967年11月23日–)はカナダの有機化学者である。クイーンズ大学教授 (写真:Queen’s大学化学科HPより)

経歴

1989 トロント大学 卒業 (M. Lautens 教授)
1990 トロント大学 修士号取得 (M. Lautens 教授)
1995 オタワ大学 博士号取得 (H. Alper教授)
1995-1996 イリノイ大学アーバナシャンペーン校 博士研究員 (Scott. E. Denmark教授)
1996-2000 ニューブルンスウィック大学 助教授
2000-2001 ニューブルンスウィック大学 准教授
2001-2002 ニューブルンスウィック大学 教授
2002-2007 クイーンズ大学 准教授 (Queen’s National Scholar)
2009- クイーンズ大学 教授
2013- 名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM) 客員教授、海外主任研究者

兼任

2011 カナダ化学会 副会長
2012 カナダ化学会 会長

受賞歴

2010 NSERC Accelerator Awarde
2010 Catalysis Society Lectureship Award
2011 Clara Benson Award
2012-2013 President, Canadian Society of Chemistry
2014 Fellow, Chemical Institute of Canada
2014-2018 Scientific Council Member, The Sainsbury Lab., UK
2015-2016 Killam Research Fellow
2017 R. U. Lemieux Award, Canadian Society for Chemistry
2017 SYNLETT Best Paper Award 2017
2018 Catalysis Award, Chemical Institution of Canada
2019 Arthur C. Cope Scholar Award

研究概要

有機ホウ素化合物を用いた不斉触媒反応の開発

効率的かつ環境への負荷が少ないホウ素化学に焦点を当てた反応開発を行っている。代表的な例として、キラルな二級ボロン酸エステルを用いた鈴木–宮浦クロスカップリング反応[1]が挙げられる。また、独自に開発したスルホン化合物を用いたC–Hアリール化反応をはじめとするクロスカップリングを駆使することで、医薬品や色素などにみられる有用な骨格であるトリアリールメタン[2]とテトラアリールメタン[3]の効率的合成法を報告している。

キラルメソポーラス材料の開発

軸不斉を有するモノマーをキラルドーパントとして用いることによりキラルメソポーラスシリカの開発に世界で初めて成功した[4]。官能基化されたキラルメソポーラスシリカは金属を担持することができる。この性質により反応後の金属スカベンジャーとしての利用や触媒の再利用が可能となるため工業化が期待される。

N-ヘテロ環状カルベン錯体による触媒反応の開発

種々のRh–NHC錯体を開発しそれらを用いたヒドロホルミル化やC–Hボリル化などを報告している[5]。また、Rh-NHC錯体に対し酸素を作用させ、酸化を起こすことなく酸素分子が配位した錯体の単離に成功している[6]

近年では、1,2,3-トリアゾリウム塩とボランから調製されるMesoionic boreniumをもちいた触媒反応の開発を行っている[7]。Mesoionic borenium触媒はFLP(frustrated Lewis pair)として働くことがわかっている。

NHC配位子を用いた自己組織化単分子層

金属–炭素結合形成による自己組織化を利用して金の単結晶表面をNHC配位子により官能基化することに成功している[8]。従来のチオール官能基化単分子層に比べ熱や酸・塩基・酸化剤により高い耐性を有する。

コメント&その他

  • 博士課程在学中に大阪大学・村井眞二研究室(当時)へ3ヶ月の留学経験がある。
  • 2006年にサバティカルで名古屋大学(ホスト: 伊丹健一郎教授・当時野依研准教授)に滞在した。
  • 2007年には、スペインのロビラ・イ・ビルジリ大学(ホスト: Elena Fernandez教授)に滞在した。
  • 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の海外主任研究者(共同主任研究者: 南保正和特任助教)を務めているため、年に数回日本を訪問している。
  • 日本語やカラオケなどの日本の文化を好んでいる。また、多くの日本人留学生やポスドクを受けている。
  • 世界の化学会随一の規模を誇るPacifichemにおいて組織委員(2010年)とカナダ代表(2015年)を務めた。

関連文献

  1. Imao, D.; Glasspoole, B. W.; Laberge, V. S.; Crudden, C. M. J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 5024. DOI: 10.1002/anie.200800153
  2. Nambo, M.; Crudden, C. M. Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53, 742. DOI: 10.1002/anie.201307019
  3. Nambo, M.; Yim, J. C. -H.; Fowler, K. G.; Crudden, C. M. Synlett. 2017, 28, 2936. DOI: 10.1055/s-0036-1588563
  4. MacQuarrie, S.; Thompson, M. P.; Blanc, A.; Mosey, N. J.; Lemieux, R. P.; Crudden, C. M. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 14099. DOI: 10.1021/ja804866e
  5. [a] Chen, A. C.; Ren, L.; Decken, A.; Crudden, C. M. Organometallics. 2000, 19, 3459. DOI: 10.1021/om0003739 [b] Keske, E. C.; Moore, B. D.; Zenkina, O. V.; Wang, R.; Schatte, G.; Crudden, C. M. Chem. Comm. 2014, 50, 9883. DOI: 10.1039/c4cc02499k
  6. Zenkina, O. V.; Keske, E. C.; Wang, R.; Crudden, C. M. Chem., Int. Ed. 2011, 50, 8100. DOI: 10.1002/anie.201103316
  7. Eisenberger, P.; Bestvater, B. P.; Keske, E. C.; Crudden, C. M. Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 2467. DOI: 10.1002/anie.201409250
  8. Crudden, C. M.; Horton, J. H.; Ebralidze, I. I.; Zenkina, O. V.; McLean, A. B.; Drevniok, B.; She, Z.; Kraatz, H. -B.; Mosey, N. J.; Seki, T.; Keske, E. C.; Leake, J. D.; Rousina-Webb, A.; Wu, G. Nature. Chem. 2014, 6, 409. DOI: 10.1038/nchem.1891
The following two tabs change content below.
山口 研究室
早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 熊田 誠 Makoto Kumada
  2. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  3. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  4. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  5. テオ・グレイ Theodore Gray
  6. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  7. サン・タン San H. Thang
  8. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  2. CYP総合データベース: SuperCYP
  3. 元素戦略 Element Strategy
  4. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  5. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  6. 生命が居住できる星の条件
  7. セミナーチャンネルを開設
  8. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  9. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発
  10. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP