[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

[スポンサーリンク]

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren1955325日–)はスペインの有機化学者である。Institute of Chemical Research of Catalonia(ICIQ)教授。

経歴

1982 マドリード自治大学 博士号取得 (Francisco Fariña 教授)
1982–1984 ボストンカレッジ 博士研究員 (T. Ross Kelly 教授)
1984–1986 マドリード自治大学 助教授
1986–1988 コロラド州立大学 NATO Fellow (John K. Stille教授)
1988–1992 Institute of Organic Chemistry of Spanish National Research Council(CSIC) Researcher
1992–2009 マドリード自治大学 教授
2001ルイ・パスツール大学(ストラスブール第1大学) 客員教授
2002サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学 客員教授
2004– Institute of Chemical Research of Catalonia (ICIQ) 教授
2005– Institute of Organic Chemistry of Spanish National Research Council(CSIC) Research Professor
2007–ピエール・マリー・キュリー大学(パリ第6大学)  客員教授
2009– ロビラ・イ・ビルジリ大学 教授
2009–2016 ChemCatChem  Editorial Board
2011– Chemistry – A European Jornal Associate Editor
2014– Chemical Communications  Editorial Board

受賞歴

1977 Bachelor Extraordinary Award
1982 Doctoral Thesis Extraordinary Award
2004 Janssen-Cilag Organic Chemistry Award of the Spanish Royal Society of Chemistry (RSEQ)
2006 Liebig Lectureship, Organic Division, German Chemical Society
2009 Abbot Lecture in Organic Chemistry, University of Illinois at Urbana-Campaign
2010 Gold Medal of the Spanish Royal Society of Chemistry (RSEQ)
2011 Schulich Visiting Professor Lectureship
2011 Sir Robert Robinson Distinguished Lecture, University of Liverpool
2012 Bristol-Myers Squibb (BMS) Lectureship, Chemistry Department at The Scripps Reseach Institute
2012 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2014, 2015, 2016 Thomson Reuters Highly Cited Researcher
2014–2015 Novartis Lecturer in Organic Chemistry, Massachusetts Institute of Technology
2015 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
2017 Kurt Alder Lectureship, University of Cologne

研究概要

カチオン性金触媒用いた新規反応開発

π酸性の高いカチオン性金触媒を用いたアルケンとオレフィンとの環化反応(1)やシクロヘプタトリエンのretro-Buchner反応(2)などの新規反応を数多く開発している。

金触媒による環化反応を鍵とする天然物の全合成

金触媒による1,n-エンイン化合物の環化反応を利用し、これまで様々なテルペノイドや炭素環化合物の全合成を報告している(3)。また、アルキンの分子内ヒドロアリール化反応を鍵反応とするPyrroloazocineインドールアルカロイドの網羅的合成に成功している(4)

触媒的C–H結合変換反応におけるCMD機構の提唱

パラジウム触媒による芳香族C–H結合の分子内アリール化反応において、協奏的なメタル化–脱プロトン化(Concerted Metallation–Deprotonation: CMD) 機構の存在を明らかにした(5)

名言集

動画

“Shining gold catalysis”

 

コメント&その他

  • これまで250以上の論文、20以上の総説を執筆している。5つの特許を保有している。h-index は66 (2017)。
  • 登山とオペラ鑑賞を趣味としている(6)

関連文献

  1. (a) Nieto-Oberhuber, C.; Muñoz, M. P.; Buñuel, E.; Nevado, C.; Echavarren, A. M.Angew. Chem. Int. Ed.2004, 43, 2402. DOI: 10.1002/anie.200353207(b) Nieto-Oberhuber, C.; Loṕez, S.; Muñoz, M. P.; Cárdenas, D. J.; Buñuel, E.; Nevado, C.; Echavarren, A. M. Angew. Chem., Int. Ed.2005, 44, 6146. DOI: 10.1002/anie.200501937(c) Jiménez-Núñez, E.; Claverie, C. K.; Bour, C.; Cárdenas, D. J.; Echavarren, A. M. Angew. Chem., Int. Ed.2008,47, 7892. DOI: 10.1002/anie.200803269(d) Solorio-Alvarado, C. R.; Echavarren, A. M.J. Am. Chem. Soc.2010, 132, 11881. DOI: 10.1021/ja104743k(e) de Orbe, E. M.; Amenós, L.; Kirillova, M. S.; Wang, Y.; López-Carrillo, V.; Maseras, F.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2017, 139, 10302. DOI: 10.1021/jacs.7b03005(f) García-Morales, C.; Ranieri, B.; Escofet, I.; López-Suarez, L.; Obradors, C.; Konovalov, A. I.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2017, 139, 13628. DOI: 10.1021/jacs.7b07651
  2. (a) Solorio-Alvarado, C. R.; Wang, Y.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2011, 133, 11952. DOI: 10.1021/ja205046h(b) Wang, Y.; McGonigal, P. R.; Herlé, B.; Besora, M.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2014, 136, 801. DOI: 10.1021/ja411626v(c) Herlé, B.; Holstein, P. M.; Echavarre, A. M. ACS Catal.2017, 7, 3668. DOI: 10.1021/acscatal.7b00737
  3. (a) Molawi, K.; Delpont, N.; Echavarren A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2010, 49, 3517. DOI: 10.1002/anie.201000890(b) Gaydou, M.; Miller, R. E.; Delpont, N.; Ceccon, J.; Echavarren, A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2013, 52, 6396. DOI: 10.1002/anie.201302411(c) Homs, A.; Muratore, M. E.; Echavarren, A. E. Org. Lett.2015, 17, 461. DOI: 10.1021/ol503531n(d) Carreras, J.; Kirillova, M. S.; Echavarren, A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2016, 55, 7121. DOI: 10.1002/anie.201601834
  4. (a) Kirillova, M. S.; Muratore, M. E.; Dorel, R.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2016, 138, 3671. DOI: 10.1021/jacs.6b01428(b) Miloserdov, F. M.; Kirillova, M. S.; Muratore, M. E.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2018, 140, 5393. DOI: 10.1021/jacs.7b13484
  5. (a) García-Cuadrado, D.; Braga, A. A. C.; Maseras, F.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2006, 128, 1066. DOI: 10.1021/ja056165v(b) Pascual, S.; de Mendoza, P.; Echavarren, A. M. Org. Biomol. Chem.2007, 5, 2727. DOI: 10.1039/b707940k
  6. Author Profile, Angew. Chem. Int. Ed.2016, 55, 10952. DOI: 10.1002/anie.201606837

関連サイト

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  2. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  3. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  4. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  5. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  6. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  7. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellan…
  8. 名古屋メダル―受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  2. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  3. 合同資源上瀑工場
  4. 日本ゼオンのイノベーションに関する活動
  5. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  6. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  7. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  8. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  9. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  10. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP