[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

[スポンサーリンク]

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren1955325日–)はスペインの有機化学者である。Institute of Chemical Research of Catalonia(ICIQ)教授。

経歴

1982 マドリード自治大学 博士号取得 (Francisco Fariña 教授)
1982–1984 ボストンカレッジ 博士研究員 (T. Ross Kelly 教授)
1984–1986 マドリード自治大学 助教授
1986–1988 コロラド州立大学 NATO Fellow (John K. Stille教授)
1988–1992 Institute of Organic Chemistry of Spanish National Research Council(CSIC) Researcher
1992–2009 マドリード自治大学 教授
2001ルイ・パスツール大学(ストラスブール第1大学) 客員教授
2002サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学 客員教授
2004– Institute of Chemical Research of Catalonia (ICIQ) 教授
2005– Institute of Organic Chemistry of Spanish National Research Council(CSIC) Research Professor
2007–ピエール・マリー・キュリー大学(パリ第6大学)  客員教授
2009– ロビラ・イ・ビルジリ大学 教授
2009–2016 ChemCatChem  Editorial Board
2011– Chemistry – A European Jornal Associate Editor
2014– Chemical Communications  Editorial Board

受賞歴

1977 Bachelor Extraordinary Award
1982 Doctoral Thesis Extraordinary Award
2004 Janssen-Cilag Organic Chemistry Award of the Spanish Royal Society of Chemistry (RSEQ)
2006 Liebig Lectureship, Organic Division, German Chemical Society
2009 Abbot Lecture in Organic Chemistry, University of Illinois at Urbana-Campaign
2010 Gold Medal of the Spanish Royal Society of Chemistry (RSEQ)
2011 Schulich Visiting Professor Lectureship
2011 Sir Robert Robinson Distinguished Lecture, University of Liverpool
2012 Bristol-Myers Squibb (BMS) Lectureship, Chemistry Department at The Scripps Reseach Institute
2012 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2014, 2015, 2016 Thomson Reuters Highly Cited Researcher
2014–2015 Novartis Lecturer in Organic Chemistry, Massachusetts Institute of Technology
2015 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
2017 Kurt Alder Lectureship, University of Cologne

研究概要

カチオン性金触媒用いた新規反応開発

π酸性の高いカチオン性金触媒を用いたアルケンとオレフィンとの環化反応(1)やシクロヘプタトリエンのretro-Buchner反応(2)などの新規反応を数多く開発している。

金触媒による環化反応を鍵とする天然物の全合成

金触媒による1,n-エンイン化合物の環化反応を利用し、これまで様々なテルペノイドや炭素環化合物の全合成を報告している(3)。また、アルキンの分子内ヒドロアリール化反応を鍵反応とするPyrroloazocineインドールアルカロイドの網羅的合成に成功している(4)

触媒的C–H結合変換反応におけるCMD機構の提唱

パラジウム触媒による芳香族C–H結合の分子内アリール化反応において、協奏的なメタル化–脱プロトン化(Concerted Metallation–Deprotonation: CMD) 機構の存在を明らかにした(5)

名言集

動画

“Shining gold catalysis”

 

コメント&その他

  • これまで250以上の論文、20以上の総説を執筆している。5つの特許を保有している。h-index は66 (2017)。
  • 登山とオペラ鑑賞を趣味としている(6)

関連文献

  1. (a) Nieto-Oberhuber, C.; Muñoz, M. P.; Buñuel, E.; Nevado, C.; Echavarren, A. M.Angew. Chem. Int. Ed.2004, 43, 2402. DOI: 10.1002/anie.200353207(b) Nieto-Oberhuber, C.; Loṕez, S.; Muñoz, M. P.; Cárdenas, D. J.; Buñuel, E.; Nevado, C.; Echavarren, A. M. Angew. Chem., Int. Ed.2005, 44, 6146. DOI: 10.1002/anie.200501937(c) Jiménez-Núñez, E.; Claverie, C. K.; Bour, C.; Cárdenas, D. J.; Echavarren, A. M. Angew. Chem., Int. Ed.2008,47, 7892. DOI: 10.1002/anie.200803269(d) Solorio-Alvarado, C. R.; Echavarren, A. M.J. Am. Chem. Soc.2010, 132, 11881. DOI: 10.1021/ja104743k(e) de Orbe, E. M.; Amenós, L.; Kirillova, M. S.; Wang, Y.; López-Carrillo, V.; Maseras, F.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2017, 139, 10302. DOI: 10.1021/jacs.7b03005(f) García-Morales, C.; Ranieri, B.; Escofet, I.; López-Suarez, L.; Obradors, C.; Konovalov, A. I.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2017, 139, 13628. DOI: 10.1021/jacs.7b07651
  2. (a) Solorio-Alvarado, C. R.; Wang, Y.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2011, 133, 11952. DOI: 10.1021/ja205046h(b) Wang, Y.; McGonigal, P. R.; Herlé, B.; Besora, M.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2014, 136, 801. DOI: 10.1021/ja411626v(c) Herlé, B.; Holstein, P. M.; Echavarre, A. M. ACS Catal.2017, 7, 3668. DOI: 10.1021/acscatal.7b00737
  3. (a) Molawi, K.; Delpont, N.; Echavarren A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2010, 49, 3517. DOI: 10.1002/anie.201000890(b) Gaydou, M.; Miller, R. E.; Delpont, N.; Ceccon, J.; Echavarren, A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2013, 52, 6396. DOI: 10.1002/anie.201302411(c) Homs, A.; Muratore, M. E.; Echavarren, A. E. Org. Lett.2015, 17, 461. DOI: 10.1021/ol503531n(d) Carreras, J.; Kirillova, M. S.; Echavarren, A. M. Angew. Chem. Int. Ed.2016, 55, 7121. DOI: 10.1002/anie.201601834
  4. (a) Kirillova, M. S.; Muratore, M. E.; Dorel, R.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2016, 138, 3671. DOI: 10.1021/jacs.6b01428(b) Miloserdov, F. M.; Kirillova, M. S.; Muratore, M. E.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2018, 140, 5393. DOI: 10.1021/jacs.7b13484
  5. (a) García-Cuadrado, D.; Braga, A. A. C.; Maseras, F.; Echavarren, A. M. J. Am. Chem. Soc.2006, 128, 1066. DOI: 10.1021/ja056165v(b) Pascual, S.; de Mendoza, P.; Echavarren, A. M. Org. Biomol. Chem.2007, 5, 2727. DOI: 10.1039/b707940k
  6. Author Profile, Angew. Chem. Int. Ed.2016, 55, 10952. DOI: 10.1002/anie.201606837

関連サイト

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  2. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  3. 本多 健一 Kenichi Honda
  4. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  5. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  6. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  8. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!
  2. Horner-Emmons 試薬
  3. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  4. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換
  5. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  6. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  7. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  8. 富大工学部実験研究棟で火事
  9. 窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発
  10. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP