[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース電子移動化学

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. 嘉部 量太 Ryota Kabe

    嘉部 量太 (KABE Ryota、1983年3月4日-)は日本の化学者である。沖縄科学技術大学院大…

  3. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

    トーマス・J・メイヤー(Thomas J. Meyer、19xx年xx月xx日-)は…

  4. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である…

  5. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

    井口 洋夫(いのくち ひろお、1927年2月3日(広島県) - )は、日本の化学者である。東京大学名…

  6. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

  7. 本多 健一 Kenichi Honda

  8. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

  9. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シラン Silane
  2. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学
  3. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  4. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  5. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  6. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話
  7. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP