[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース電子移動化学

  1. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

    トーマス・J・メイヤー(Thomas J. Meyer、19xx年xx月xx日-)はアメリカの無機化学者・物理化学者である。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校教授(写真:Meyer Group)。 (さらに&helli…

  2. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である…

  3. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

    井口 洋夫(いのくち ひろお、1927年2月3日(広島県) - )は、日本の化学者である。東京大学名…

  4. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

    マイケル・グレッツェル (Michael Gratzel、1944年5月11日-)は、スイスの化学者…

  5. 本多 健一 Kenichi Honda

     本多 健一(ほんだ けんいち、1925年8月23日-(埼玉県))は、日本の電気化学者である。東…

  6. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

  7. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  2. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  3. アントシアニン / anthocyanin
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  5. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  6. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  7. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP