[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース電子移動化学

  1. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

    トーマス・J・メイヤー(Thomas J. Meyer、19xx年xx月xx日-)はアメリカの無機化学者・物理化学者である。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校教授(写真:Meyer Group)。 (さらに&helli…

  2. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である…

  3. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

    井口 洋夫(いのくち ひろお、1927年2月3日(広島県) - )は、日本の化学者である。東京大学名…

  4. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

    マイケル・グレッツェル (Michael Gratzel、1944年5月11日-)は、スイスの化学者…

  5. 本多 健一 Kenichi Honda

     本多 健一(ほんだ けんいち、1925年8月23日-(埼玉県))は、日本の電気化学者である。東…

  6. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

  7. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group
  3. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  4. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ
  5. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?
  6. がん細胞をマルチカラーに光らせる
  7. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP