[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース電子移動化学

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. 嘉部 量太 Ryota Kabe

    嘉部 量太 (KABE Ryota、1983年3月4日-)は日本の化学者である。沖縄科学技術大学院大…

  3. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

    トーマス・J・メイヤー(Thomas J. Meyer、19xx年xx月xx日-)は…

  4. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である…

  5. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

    井口 洋夫(いのくち ひろお、1927年2月3日(広島県) - )は、日本の化学者である。東京大学名…

  6. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

  7. 本多 健一 Kenichi Honda

  8. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

  9. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  3. 非古典的カルボカチオンを手懐ける
  4. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–
  5. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  6. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  7. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP