[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

美しい化学構造式を書きたい方に

[スポンサーリンク]

化学はとにかく「ビジュアル要素」が強く、分かりやすい文章を書くだけでは「化学」を伝えるのに不十分です。化学構造式に気を遣わない姿勢は、全く片手落ちといえるでしょう。構造式のスタイルやレイアウト一つで、情報伝達の効率が格段に違うからです。

本まとめでは、少しでも綺麗な構造式を書きたい!と考える人に役立つ、お勧め記事をピックアップしてみたいと思います。

 

ChemDrawの使い方

ChemDraw_HowTo_1

言わずと知れた構造式作画ソフトChemDraw。化学者にとって無くてはならないソフトの一つながら、機能を充分に使えている人は、少ないんではないでしょうか?ChemDrawの機能を学ぶために、よく使う内容をまとめて紹介します。【基本機能編】 【作例①:反応スキーム】 【作例②:触媒サイクル】 【作例③:表】【作例④:反応機構 (前編)】 【作例⑤:反応機構 (後編)】の6部作でお届け。

 

構造式を美しく書くために【準備編】

chemformula_0

描画ソフトを使い慣れない方は、デフォルトスタイルのまま描き続けていることが多いように思われます。実はこれでは、どうやっても綺麗な構造式に仕上げることができません。「構造式スタイルシート」を使うようにすればOKです。具体的な設定方法をご紹介。

 

美麗な分子モデルを書きたい!

3Dmodel_1

長年こういう化学ブログをやっていますと、いろいろ凝りたくなってきます。亀の甲を使わずに三次元的な分子モデルを描くスキルには前々から興味がありました。一念発起して、きれいな三次元モデルを描く方法がないか?と 試行錯誤に数日を費やし、最終的に・・・図のような分子モデルを描くことに成功しました!無料で右端のような立体図にChemDraw図から起こせる方法をご紹介します。

構造式を楽に描くコツ!?テクニック紹介

2015-05-23_21-54-07

化学構造式はChemDrawでいちから描くのも楽しいですが、本記事では忙しいみなさんのため、手抜きで楽に構造式を完成させる方法をご紹介します。

 

 ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!

chemdraw_title

卒論を書く季節は、このChemDrawというアプリと悪戦苦闘する四年生が風物詩です。ChemDrawの隠れた(?)機能を駆使すると、あのviagraでさえものの20秒で描けてしまいます。これって上級ユーザーでもなかなか難しいですよね。本記事ではそんなChemDrawの便利機能のうちホットキーに焦点を当ててみたいと思います。

ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー

ChemDrawHistory_title

化学者、特に有機化学者には無くてはならない存在のChemDrawですが、その開発の経緯は意外と知られていないのではないでしょうか。ChemDrawの開発に大きな貢献をしたのは、David Evans教授でした。そのEvans教授による回顧録がAngew. Chem. Int. Ed.誌に掲載されましたので紹介したいと思います。最新版のChemBioDraw Ultra 14のレビューもありますので、少し長いですがどうぞ。

 

MacでChem3D~新たなる希望~

Chem3D_Mac

 

有機化学者のキラーアプリと言えばChemDraw。現在ではWindows版の方が厚遇されており、何よりも不便なのがChem3Dが完全にWindows専用になってしまったこと。この不便な現状をなんとかしたいと常々思っており、試行錯誤の末不格好ではありますが、なんとかChem3DをMacintoshで使える術を見いだしました。

 

デザイン一般を学べる書籍:「ノンデザイナーズ・デザインブック」

nodesigners_design

そもそもデザイン・レイアウトの基本原則が分からない・・・という方には、この『ノンデザイナーズ・デザインブック』が一読におすすめです。4つの基本原則に従うだけで、誰でも間違いないレイアウトで分かりやすい図が作れます。

 

 

その他の化学構造式描画ソフトレビュー

chemdraw_ipad_2_1

ChemDraw for iPad : 化学構造式描画アプリChemDraw及びChem3DのiOS版がリリースされました。デスクトップPCで慣れしたしんだソフトの方が、スムーズな使用感やPCとの連携も期待できます。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。早速レビューしてみました。

ChemDoodle : 2008年にリリースされた、iChemLabs開発の構造式描画ソフトですが、モバイル版が存在します。これの他と異なるすごいところは、書いた構造式のNMRスペクトルをシュミレーションしてくれるのです。

ChemSketch : 構造式描画ソフトは値が張るため、個人購入は少し難しいところです。ChemSketch は個人利用が無償で行える、化学構造式描画ソフトです。製品版にも劣らない様々な機能がついています。

 

構造式にまつわるエトセトラ

benzeneStr_5

化学者たるもの、構造式一つさえあれば、マニアックな話を何時間でも語れます!!・・・よね?

 

構造式の効果 : 日常にしみ出している化学の共通言語=構造式。見る人にはどのようなイメージを与えるのでしょうか?

個性あるTOC : 皆さんも毎日論文チェックすると思うのですが、個性あるTOC・構造式はなんだこれ?と思いませんか? TOCを見ただけでその研究者の仕事であるとわかれば、中身を見てみたくなるということです。

ベンゼン環記法マニアックス : 亀の甲の二重線の配置が違う構造式、当然一目見て分かりますよね?え、そんなの気にしたことなんて無いよ、ですって? まさにごもっとも。しかしこれを、厳密たるこだわりをもって使い分けようとする人が世の中には居るのです。

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】【応用編】:IUPACが提唱している化学構造式描画の世界標準ガイドラインについて紹介しています。

他ブログ掲載のChemDrawテクニック

気ままに有機化学
ケムドローbot
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ケムステ記事ランキングまとめ
  2. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ
  3. 機器分析の基礎知識【まとめ】
  4. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  5. 化学小説まとめ
  6. 計算化学記事まとめ
  7. ノーベル化学賞まとめ
  8. CSJカレントレビューシリーズ書評

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学部4年間の教育を振り返る
  2. ケミカル・アリに死刑判決
  3. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  4. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  6. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  7. ワイス反応 Weiss Reaction
  8. 個性あるTOCその③
  9. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  10. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP