[スポンサーリンク]


ケムステニュース食品

  1. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ

    東北大のサイエンスカフェが9月27日、「カレーの成分クルクミンが先導する創薬研究」をテーマに、仙台市青葉区のせんだいメディアテークであった。東北大大学院薬学研究科の岩渕好治教授が、カレーの香辛料に含まれるクルクミンによる新薬…

  2. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功

    サクラの酵母で作った赤い日本酒奈良女子大学研究院自然科学系の岩口伸一准教授と地元奈良市の清酒メー…

  3. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果

    山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)らの研究グループは、赤ワインに多く含まれるポ…

  4. コーラから発がん物質?

    いわゆる大手のマスコミからの情報ではないものの、ネットでは「コーラから発がん物質」と…

  5. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

    パッションフルーツなどから抽出した物質に、体の機能を調整する「体内時計」の周期を遅らせる働きがあるこ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属スカベンジャーを試してみた
  2. ハートウィグ有機遷移金属化学
  3. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  4. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  5. 住友化学歴史資料館
  6. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–
  7. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP