[スポンサーリンク]

ケムステニュース

紅麹を含むサプリメントで重篤な健康被害、原因物質の特定急ぐ

[スポンサーリンク]

 

健康食品 (機能性表示食品) に関する重大ニュースが報じられました。血中コレステロールを下げると謳っているサプリメントの服用者十数名に、腎疾患など健康被害が生じたことが明らかになったとのことです。

(2024年3月31日追記) 製品に混入していたカビ毒の成分が同定されました。ただし、本件の原因物質かどうかは未だ明らかになっておりません。

紅麹問題に進展。混入物質を「プベルル酸」と特定か!?

 

大阪市に本社がある「小林製薬」は、「紅麹(べにこうじ)」の成分を含む健康食品を摂取した人が腎臓の病気などを発症したことが報告されたと明らかにしました。
会社では「健康食品が原因となった可能性がある」として、この成分を含む3つの健康食品を自主回収するとともに使用を中止するよう呼びかけています。

会社が自主回収することを発表したのは、
▼「紅麹コレステヘルプ」、
▼「ナットウキナーゼさらさら粒GOLD」
▼「ナイシヘルプ+コレステロール」
の3つで、いずれもコレステロールや血圧を下げる効果を掲げた健康食品です。
会社の発表によりますとことし1月、「紅麹コレステヘルプ」を摂取した人が腎臓の病気などを発症したことが報告されたということです。
その後体調不良が報告された患者の数は13人に増え、このうち6人が入院が必要となったということで、一時、人工透析が必要になった人もいるということです。
会社によりますと、腎臓の病気を発症した人が摂取した製品には同じロットの原料が使われていて、分析の結果、想定していない成分が含まれている可能性があることがわかったということです。

NHK NEWS WEB 2024年3月22日の記事より引用

小林製薬「紅麹」摂取後の入院26人に 専門医「冷静な対応を」

「小林製薬」の「紅麹」の成分を含む健康食品を摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題で、会社は25日、あらたに20人が入院していたことが判明したと発表しました。この問題で入院が確認された人はあわせて26人となりました。
一方で、名古屋大学特任教授で総合内科専門医の柴田玲医師は、「紅麹そのものが悪者というわけでは決してない」として、消費者には冷静な対応を呼びかけています。

NHK NEWS WEB 2024年3月26日の記事より引用

紅麹とは

麹菌には大きく分けて「黄麹菌」「白麹菌」「黒麹菌」「紅麹菌」「カツオブシ菌」の5種類があり、我々が摂取する味噌や醤油は黄麹菌から産生されています。一方、紅麹菌 (ベニコウジカビ、Monascus purpureus) という糸状菌を用いて米などを発酵させたものを紅麹と呼び、中国や台湾および琉球諸島において、紹興酒などお紅酒や豆腐ようなどの発酵食品の生産や食品添加物 (着色料) に利用されています。今回問題になっている紅麹には、血中コレステロール値を下げる成分が含まれており、サプリメントとしても日本や欧州で広く利用されています。

紅麹に関する注意喚起

紅麹を含むサプリメントに関しては、2014年頃より欧州において健康被害に関する複数の注意喚起がなされています。

欧州において、以下の注意喚起が行われています。

 「血中のコレステロール値を正常に保つ」としてヨーロッパや日本などで販売されている「紅麹で発酵させた米に由来するサプリメント」の摂取が原因と疑われる健康被害がヨーロッパで報告されています。EUは、一部の紅麹菌株が生産する有毒物質であるシトリニンのサプリメント中の基準値を設定しました。フランスは摂取前に医師に相談するように注意喚起しており、スイスでは紅麹を成分とする製品は、食品としても薬品としても売買は違法とされています。

紅麹を由来とするサプリメントに注意(欧州で注意喚起)- 内閣府食品安全委員会HPより引用

欧州で問題になったのは、カビ毒 (マイコトキシン) であるシトリニン (citrinin、下図) の影響です。

シトリニンは紅麹菌以外のカビ類からも産生され、詳細な機序は不明ですが、腎毒性 (腎細尿管上皮変性) を引き起こすことが知られています。また欧州が定めたシトリニンのサプリメント中の基準値 (0.2μg/kg体重/day) を下回る量の摂取においても、遺伝毒性や発がん性の懸念は払拭できないとされています。

しかしながら、今回の小林製薬の発表では、回収対象となった製品からはシトリニンが検出されなかったと報道されています。もともと小林製薬の中央研究所ではシトリニンに関する厳密な研究も行われており (関連リンク)、今回の騒動の原因物質である可能性は低そうです。

紅こうじ関連食品を巡っては欧州などで健康被害が相次いで報告され、有毒物質としてシトリニンの存在が知られているが、同社 (*筆者注: 小林製薬) の調査では原料からはシトリニンは検出されなかったという。

Yahoo!ニュース、3月22日掲載記事より引用

紅麹に含まれる薬理活性成分

さて、紅麹由来のサプリメントには、実際に血中のコレステロール値を下げる薬理活性成分が含まれています。それは紅麹由来ポリケチドであり、その主要な成分が「モナコリンK」と呼ばれる物質です (小林製薬バリューサポートHP)。モナコリンKは「ロバスタチン」とも呼ばれ、いわゆるスタチン系薬剤の一つに分類されます。スタチン系薬剤は、1973年、当時の三共株式会社の遠藤章によってメバスタチン (コンパクチン) が発見されて以来、同社を中心に精力的な研究が行われ、ロバスタチンは1987年にメルクから Mevacor の商品名で、初のスタチン系薬剤として発売された画期的医薬品 (ブロックバスター) です (ただし日本では未承認)。

スタチンは肝臓でコレステロール産生に関与する HMG (ヒドロキシメチルグルタリル) -CoA 還元酵素を阻害することで脂質異常症改善効果を示します (下図)。

現在までに多くのスタチン類が医薬品として上市されています。そのうち現在日本で承認・処方されているプラバスタチンやシンバスタチン (いわゆる第一世代スタチン) とロバスタチン (モナコリンK) の構造は特に似通っています (下図)。
ちなみに名前も似ているのは医薬品の「ステム (stem, 幹)」という薬効に従った語尾を付けているからでで、HMG-CoA 還元酵素阻害薬のステムは「バスタチン [-vastatin]」となります。

つまるところ、紅麹含有サプリメントに含まれるコレステロールを下げる成分は、外国では医薬品として承認されている成分の一つであり、その含有量は医薬品と比べ少量であるものが大部分であろうとは言え、強力な薬理活性を有するものになります。小林製薬の以外の製品でもモナコリンKの効果を謳っている商品は沢山見受けられ、使用については慎重になる必要があるでしょう。

そもそも敢えてロバスタチンと言わず、モナコリンKと呼んでいるのは、なんだか裏があるような感じがします。

モナコリンKは本邦でも使われているスタチンとほとんど同じ構造式を持っており、その副作用・有害事象や薬物動態もプラバスタチンやシンバスタチンと同様であることが予想されます。スタチンに共通する重篤な副作用として横紋筋融解症があり、筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇のこれに伴って急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるとされています。横紋筋融解症はスタチンと同効薬のフィブラート系薬剤を併用することで現れやすいとされており、昔は両薬剤の併用は禁忌とされていました (現在は「慎重に投与すること」となっています)。フィブラート系薬剤で脂質異常症を治療中の患者さんが紅麹サプリメントを手に取ってしまうことは充分考えられますので、同様の製品を購入する前には医師や薬剤師に相談する (おそらく止められますが) 必要があるでしょう。

またモナコリンKやシンバスタチンの代謝は主に肝臓の CYP3A4 によって行われますが、 この酵素はクラリスロマイシンなどの一部の抗菌薬やイトラコナゾールいった一部の抗真菌薬、そしてグレープフルーツジュースの成分によっても阻害されます。それらの薬剤やグレープフルーツジュースをモナコリンKと併用すると、効果や副作用が強く現れ、重篤な腎障害につながる可能性もあります。

原因となった成分は未知?

しかしながら、小林製薬の発表では、今回の回収対象となった製品について、“意図しない成分が含まれている可能性が判明し、現時点 (2024/3/22) でこの成分の特定や本製品の腎疾患等との関連性の有無の確定には至っておりません” と発表しています。もし原因物質が既知のモナコリンKであるとすればその分析結果はすぐに出るでしょうから、どうも今回の原因物質はモナコリンKそのものでは無い可能性が高そうです。すると何が予想されるかと言えば、独自に培養していた紅麹菌株が何らかの変異により未知のスタチン類縁成分またはカビ毒などを産生するようになってしまった、という可能性があります。また予期しない分解物や代謝物が生成している可能性もあります。成分分析は HPLC や LC-MS/MS など使って行われますが、未知構造の場合、例えばメチル基やヒドロキシ基が一個増えただけでも迅速な構造決定は困難です。おそらく今回の原因物質の同定にもかなりの時間を要するでしょう。

広がる影響

小林製薬の産生した紅麹は、他社に広く供給されていたことが明らかになりました。既に宝酒造の製品でも、自主回収が始まっています。

「紅麹」の8割、他社に供給 健康被害の恐れ、影響拡大も 小林製薬

小林製薬が、健康被害の恐れがあるとして自主回収を決めたサプリメントに含まれる「紅麹(べにこうじ)」を、他の食品メーカーなどに幅広く供給していたことが24日、分かった。 同社が生産している紅麹のうち、自社製品への使用は2割程度で、約8割は他社に原料として販売していたという。

Yahoo!ニュース 2024年3月24日掲載記事より引用

 

小林製薬の「紅麹」国内外の飲料や食品メーカーなど約50社に供給 原料使用の「日本酒や米菓子」で自主回収相次ぐ 影響拡大の恐れ 他社向け供給は2016年から開始

小林製薬の「紅麹原料」を使ったサプリメントを摂取した人に健康被害が出ている問題で、原料は生産する約8割が他社向けに販売されていたことが分かりました。販売先は国内外の飲料や食品メーカー約50社にのぼるということです。原料を使用する日本酒や米菓子などで自主回収が相次いでいます。

Yahoo!ニュース 2024年3月24日掲載記事より引用

 

宝酒造は23日、日本酒の「松竹梅白壁蔵『澪』PREMIUM<ROSE>」を自主回収すると発表した。原料に使っている紅麹(こうじ)について、供給元の小林製薬が健康被害の報告があったとして自主回収を始めたことを受けた措置。宝酒造は自社商品での健康被害は今のところ確認されていないとしている。

自主回収するのは「松竹梅白壁蔵『澪』PREMIUM<ROSE>」の750ミリリットル入りと300ミリリットル入りの2商品。期間限定商品として1月から全国で発売していた。対象の商品については着払いで同社まで送付するよう呼びかけている。

日本経済新聞、2024年3月24日掲載記事より引用

天然由来成分はサステナビリティの面から注目もされていますが、不意な変異による成分変化のリスクなどもあり、厳格な管理が重要であることは想像に難くありません。本件は天然由来の物質に関するレギュラトリーサイエンスの重要性が改めて認識できる一件であると考えられます。

原因物質の詳細が判明し次第、本記事も追って更新したいと思います。
* 2024/03/30 関連リンクを追加しました。

関連リンク

紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ (小林製薬)
紅麹問題に進展。混入物質を「プベルル酸」と特定か!?

関連書籍

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  2. 日本化学会 第11回化学遺産認定、新たに4件を発表
  3. 製薬会社5年後の行方
  4. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  5. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  6. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  7. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  8. 理研、放射性同位体アスタチンの大量製造法を開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!
  2. 元素名を名字にお持ちの方〜
  3. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  4. 鉄触媒を用いたテトラゾロピリジンのC(sp3)–Hアミノ化反応
  5. アルツハイマー病患者の脳内から0価の鉄と銅が発見される
  6. ニコラウ祭り
  7. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る
  8. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  9. 日本薬学会第125年会
  10. 吉良 満夫 Mitsuo Kira

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

半導体・リチウムイオン電池にも!マイクロ波がもたらすプロセス改善

<内容>電子レンジでおなじみの”マイクロ波”は、昨今、プロセスの脱炭素化及び効率…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP