[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースV

  1. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として用いることで、アリルアルコールのエポキシ化を行える触媒である。アルコールが配向基となるため、根本の立体化学を活かした立体選択的なエポ…

  2. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction

    概要フェノール類とβ-ケトエステル類からクマリン誘導体を合成する手法。 …

  3. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement

    概要ビニルシクロプロパン体は加熱条件下に転位を起こし、シクロペンテンを与える。ジビニルシクロプロ…

  4. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization

    概要コハク酸誘導体もしくは他の1,4-官能基化体から置換チオフェンを得る方法。…

  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

    ベンゼン誘導体→ベンゼン誘導体、アルデヒド概要ジメチルアミノ基やアルコキシル基のような、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. あなたの合成ルートは理想的?
  2. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction
  3. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  4. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  5. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授
  6. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  7. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

PAGE TOP