[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースV

  1. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として用いることで、アリルアルコールのエポキシ化を行える触媒である。アルコールが配向基となるため、根本の立体化学を活かした立体選択的なエポ…

  2. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction

    概要フェノール類とβ-ケトエステル類からクマリン誘導体を合成する手法。 …

  3. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement

    概要ビニルシクロプロパン体は加熱条件下に転位を起こし、シクロペンテンを与える。ジビニルシクロプロ…

  4. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization

    概要コハク酸誘導体もしくは他の1,4-官能基化体から置換チオフェンを得る方法。…

  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

    ベンゼン誘導体→ベンゼン誘導体、アルデヒド概要ジメチルアミノ基やアルコキシル基のような、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  2. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  3. 「温故知新」で医薬品開発
  4. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  5. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  6. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  7. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP