[スポンサーリンク]

一般的な話題

結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

[スポンサーリンク]

 

さあ近づいてまいりましたノーベル賞ウィーク

今年は誰が栄誉に輝くのでしょうか?そして日本人受賞者はいかに?

と気分が盛り上がって来ましたが、ノーベル賞関係で女性科学者の話題も度々上がりますよね。現在までに科学系では女性の受賞者はのべ16人とかなり少ないですが、これは女性研究者がまだまだ少ないことに起因していることは明らかです。しかし一方で女性研究者の割合が比較的多い分野があるのをご存知でしょうか?

その分野とはずばり結晶学です。

なんででしょうか?ある統計では1962年にはアメリカ結晶学会の女性会員はわずか3%でしたが、1981年には11%に、そして2014年には22%を占めるようになったとのことです。これは理系としては結構な比率ですよね。結晶学が女性を惹きつける理由は何かあるんでしょうか?

今回のポストは、Nature Chemistry誌からおなじみBryn Mawr CollegeMichelle Francl教授によるthesisを基に、結晶学と女性の関係について少し紹介したいと思います。前回のはこちら

Seeding crystallography

Francl, M. Nature Chem. 6, 842-844 (2014). doi: 10.1038/nchem.2067

一般に結晶学は比較的新しく、境界領域を含み、コラボレーションが求められる分野とされています。誤解を恐れずに言えば女性は忍耐強く、細やかで、ガツガツ競争するというよりも協力して研究を進めることを好むと思われ、結晶学は女性に向いているのかなと思えます。しかし、何もそういった分野は結晶学だけではありませんし、量子力学とか、高エネルギー物理学とかも条件は同じ気がします。

そこで結晶学の母、いや父の存在が大きいのではないかと考えられるわけです。その人とは、1915年に最年少の25歳でのノーベル賞受賞となったWilliam Lawrence Braggです。

Bragg親子は結晶学の父とも呼ばれるわけですが、息子のLawrenceの方は若くして指導的な役割をすることになりました。ですからそこからたくさんのお弟子さん達が巣立っていくことになるのですが、彼の研究室は女性にとって非常に研究がやりやすい環境で人気があったようです。Wikipediaの写真を見ますと超イケメン(※)ですので、それが理由かもしれませんが。

Braggの第一世代の女性の弟子は50人にものぼるそうです。結晶学の女性研究者の系譜を辿れば大体この50人になるそうなので、正にLawrence Braggが蒔いた種が、大きな結晶となって広がっていったということになります。

Although crystallography is a field that has been subjectively described as ‘much too full of women’ and ‘populated largely by women’, objectively it has few. Maureen Julian, 1990

また、Braggが結晶学者の父なら結晶学者の祖母とも言えるのは、1895年(Wikipediaでは1893年)に女性として初めてのPh.DをJhons Hopkins大学から授与されたFlorence Bascon教授の存在も大きいです。彼女はPh.D取得後数年転々とした後、Bryn Mawr Collegeに職を得ます(Flancl教授の在籍しているところです)。Bryn Mawrは女子大なので、当然弟子は全員女性です。そこから巣立っていった研究者は繰り返しになりますが女性です。

crystal_1.png画像は文献より引用 Bascon教授と教え子たち

一人の女性研究者が成功すれば、そこに女子学生が集いやすくなり、その分野における女性の比率が高くなっていくのでしょう。女性のノーベル賞受賞者はまだまだ少ないので、女性が一大勢力になっている学問分野はないと思われます。

It could be argued that Florence Bascom was as much a force behind the mid-twentieth century bloom of women crystallographers as were the Braggs.

最近めっきり下火になってきたなんとか細胞問題リケジョに対する潮流が悪くなってしまった感がありますが、やはりスター研究者というのは必要なのかなと思います。そのスターが結晶の種となって多くの学生を惹きつけていくのがその分野の発展にも寄与するのでしょう。実際析出してくる結晶の美しさは感動を呼びますしね。一方で最近大学教員の公募で女性限定のとかが散見されます。女性研究者を増やそうというのは政策として理解できますが、こういったやり方がはたしていい方向なのかは筆者にはよくわかりません。

先日発表されたトムソンーロイター引用栄誉賞にも女性はいませんでした。トムソンーロイターがノーベル賞受賞者を当てた試しはあまりありませんが、今年は女性受賞者が出るかどうかにも注目していきましょう!

 

関連書籍

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 水が決め手!構造が変わる超分子ケージ
  2. やっぱりリンが好き
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~めっきの基礎編~
  4. 特許の効力と侵害
  5. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  6. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒
  7. 【食品・飲料業界の方向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と…
  8. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 表面処理技術ーChemical Times特集より
  2. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  3. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  4. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  5. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  6. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)
  7. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  8. 分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在
  9. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  10. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2014年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP