[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

TosMIC

[スポンサーリンク]

アルデヒド、アルケン → 複素環化合物

概要

p-トルエンスルホニルメチルイソシアニド(TosMIC)は、合成単位として非常に有用な試薬である。特に求電子剤と反応して、様々な複素環化合物を与える点で価値が高い。

基本文献

・van Leusen, D.; van Leusen, A. M. Org. React. 2003,
57, 419

 

反応機構

 

反応例

TosMICはカルボニルアニオン等価体として、1,3-ジチアンなどの代替試薬としても用いる事が出来る。

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  2. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Reso…
  3. IBX酸化 IBX Oxidation
  4. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  5. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  6. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…
  7. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  8. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  2. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  3. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  4. 酵母菌に小さなソーラーパネル
  5. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  6. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  7. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング
  8. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  9. アクリルアミド /acrylamide
  10. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP