[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

TosMIC

[スポンサーリンク]

アルデヒド、アルケン → 複素環化合物

概要

p-トルエンスルホニルメチルイソシアニド(TosMIC)は、合成単位として非常に有用な試薬である。特に求電子剤と反応して、様々な複素環化合物を与える点で価値が高い。

基本文献

・van Leusen, D.; van Leusen, A. M. Org. React. 2003,
57, 419

 

反応機構

 

反応例

TosMICはカルボニルアニオン等価体として、1,3-ジチアンなどの代替試薬としても用いる事が出来る。

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Po…
  2. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid…
  3. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  4. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  5. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  6. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  7. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  8. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  2. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  3. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  4. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  5. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  6. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド : 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3-ethylcarbodiimide
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  8. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  9. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  10. ノーベル化学賞への道公開

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP