[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

TosMIC

アルデヒド、アルケン → 複素環化合物

概要

p-トルエンスルホニルメチルイソシアニド(TosMIC)は、合成単位として非常に有用な試薬である。特に求電子剤と反応して、様々な複素環化合物を与える点で価値が高い。

基本文献

・van Leusen, D.; van Leusen, A. M. Org. React. 2003,
57, 419

 

反応機構

 

反応例

TosMICはカルボニルアニオン等価体として、1,3-ジチアンなどの代替試薬としても用いる事が出来る。

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  2. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactio…
  3. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler React…
  6. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  7. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  8. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  2. 軸不斉のRとS
  3. マット・シェア Matthew D. Shair
  4. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  5. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  6. ジイミド還元 Diimide Reduction
  7. comparing with (to)の使い方
  8. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  9. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  10. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP