[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

TosMIC

[スポンサーリンク]

アルデヒド、アルケン → 複素環化合物

概要

p-トルエンスルホニルメチルイソシアニド(TosMIC)は、合成単位として非常に有用な試薬である。特に求電子剤と反応して、様々な複素環化合物を与える点で価値が高い。

基本文献

・van Leusen, D.; van Leusen, A. M. Org. React. 2003,
57, 419

 

反応機構

 

反応例

TosMICはカルボニルアニオン等価体として、1,3-ジチアンなどの代替試薬としても用いる事が出来る。

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…
  2. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  3. バーチ還元 Birch Reduction
  4. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  5. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  6. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  7. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  8. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  2. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  3. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  4. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング
  5. Pubmed, ACS検索
  6. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  7. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  8. 化学研究ライフハック: Evernoteで論文PDFを一元管理!
  9. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  10. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP