[スポンサーリンク]


データベース

  1. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

    有機化合物を取り扱っている研究者の皆様。構造決定の際にはNMRを代表とするスペクトルを測定すると思います。それでは既知の化合物のスペクトルを確認したいときはどうしますか?様々な方法があると思います。例えば以下の方法。 SciFin…

  2. 電子学術情報の利活用

    たまには化学ではないことも。最後に研究者に耳寄り情報もあるので、時間がない方はすっ飛ばしてください。…

  3. CYP総合データベース: SuperCYP

    ある日、製薬会社にお勤めの友人から「CYPの阻害剤一覧が全て載っているデータベースって知りませんか?…

  4. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

    化学の世界に限らず研究者たるもの、英語での論文執筆は必須のスキルです。しかし、英語の苦手な日本人…

  5. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編

     皆さんReaxys(リアクシス)というデータベースを知っていますか?多分ご存知の方はまだ少ない…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  3. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  5. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  6. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP