[スポンサーリンク]


データベース

  1. 電子学術情報の利活用

    たまには化学ではないことも。最後に研究者に耳寄り情報もあるので、時間がない方はすっ飛ばしてください。さて、11月9日に、図書館総合展という化学者には初耳であろうフォーラムで講演をしてきました。パシフィコ横浜で開催され、毎年来場者は数…

  2. CYP総合データベース: SuperCYP

    ある日、製薬会社にお勤めの友人から「CYPの阻害剤一覧が全て載っているデータベースって知りませんか?…

  3. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

    化学の世界に限らず研究者たるもの、英語での論文執筆は必須のスキルです。しかし、英語の苦手な日本人…

  4. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編

     皆さんReaxys(リアクシス)というデータベースを知っていますか?多分ご存知の方はまだ少ない…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 『分子標的』に期待
  2. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  3. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  4. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  5. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  6. イミンを求核剤として反応させる触媒反応
  7. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP