[スポンサーリンク]


データベース

  1. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」

    有機化合物を取り扱っている研究者は日頃から、「スペクトルから化合物の構造を推測する」ことを行っていると思います。学部で習った知識を研究室に所属後、大学院や実践の研究で洗練してようやく一人前にスペクトルが読めるようになりますね。つまり…

  2. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

    およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

  3. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

    今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

  4. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

    有機化合物を取り扱っている研究者の皆様。構造決定の際にはNMRを代表とするスペクトルを測定すると思い…

  5. 電子学術情報の利活用

    たまには化学ではないことも。最後に研究者に耳寄り情報もあるので、時間がない方はすっ飛ばしてください。…

  6. CYP総合データベース: SuperCYP

  7. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

  8. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  4. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  6. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part II
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる

注目情報

最新記事

偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

スコッチ・ウイスキーは世界中の多くの人々に愛されていますが、近年ではビンテージもののスコッチ・ウイス…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

PAGE TOP