[スポンサーリンク]


データベース

  1. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」

    有機化合物を取り扱っている研究者は日頃から、「スペクトルから化合物の構造を推測する」ことを行っていると思います。学部で習った知識を研究室に所属後、大学院や実践の研究で洗練してようやく一人前にスペクトルが読めるようになりますね。つまり…

  2. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

    およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

  3. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

    今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

  4. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

    有機化合物を取り扱っている研究者の皆様。構造決定の際にはNMRを代表とするスペクトルを測定すると思い…

  5. 電子学術情報の利活用

    たまには化学ではないことも。最後に研究者に耳寄り情報もあるので、時間がない方はすっ飛ばしてください。…

  6. CYP総合データベース: SuperCYP

  7. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

  8. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山本明夫 Akio Yamamoto
  2. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  3. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  4. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  5. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent
  6. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP