[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

CYP総合データベース: SuperCYP

[スポンサーリンク]

ある日、製薬会社にお勤めの友人から「CYPの阻害剤一覧が全て載っているデータベースって知りませんか?」というなかなかコアな質問を頂きました。

筆者は薬学部所属の教員にもかかわらず、恥ずかしながらまったく調べた経験がありません。当然そんなデータベースを知るはずもない。困った困った・・・

こんな時にとっても頼りになるのが、ケムステスタッフの皆さんです!スタッフ専用掲示板で問い合わせてみたところ、さすが各分野の優秀人材が集うだけあって、1日も経たずにレスが帰って来ました。タツジン!

そこで教えて頂いた一つが「SuperCYP」というデータベースサイトでした。せっかくなので今回はこれをご紹介しましょう。

シトクロムP450(CYP)って?

酸化反応によって化合物を壊してしまう、もしくは体外排出されやすい形に変えてしまう働きをする酵素です。とくに肝臓での代謝・解毒を担当していることで知られます。略してCYP(シップ)と呼ばれることが多いです。

CYP3A4の構造 (赤がヘム鉄、PDB: 2J0D)

CYP3A4の構造 (赤がヘム鉄、PDB: 2J0D)

薬学/生物がらみの勉強を少しでもされた方なら、おそらく知らない人は居ないだろう、超有名酵素の一つです。

なぜこの酵素の阻害剤が重視されるかというと、薬の飲み合わせ(薬物相互作用)に深く関わっているからです。

薬の投与量というのは、体内での分解速度も計算に入れて決められます。

ある薬物によってCYPの働きが止まると、薬が分解/排出されづらくなり、いつまでも体に残ることになります。すると本来の投与量なら問題にならないはずの重篤な副作用が現れることがあるのです。

皆さんの中には、『薬と一緒にグレープフルーツジュースを飲んではいけません』と言われた方がいらっしゃるかもしれません。

これはグレープフルーツに含まれる成分が、CYP3A4を阻害してしまうことが理由です。ある薬の場合には、一緒に飲むと効き目が強く出過ぎてしまうことがあるのです。

 

CYPのデータベース

これほど重要度の高い酵素ですから、当然ながら膨大な研究蓄積があります。

これをデータベースの形で一元化してあるのがSuperCYPというサイトです。

このサイトを眺めて見ると、阻害剤一つ取ってもものすごい数が知られていることが分かります。いやはや、勉強になりますね。

画像はサイトFAQから引用

CYP3A4と相互作用する薬一覧

実に1000以上の医薬と2500以上のシトクロム-医薬相互作用、1200以上の対立遺伝子が掲載されているそうです。

リンク欄にも豊富な関連データ集がありますので、関連分野の人には役立つでしょう。
Creative Commons 3.0のもとに作成されているので、出典として論文[1]を明示しておけば、自由に使用して良いようです。

こういったものは得てして論文やウェブ上に散逸するばかりで、一元化はされないものです。「これを見ればOK!」とする統合情報ソースが必要、とのモチベーションから管理されているとすれば大いに事情は理解できます。

 

分野外の人はこんなの知らないです!だから情報ください!

SuperCYPはなかなか見やすく出来ており、CYPに関わる人なら定番サイト?なんじゃないのかなーと思いました。筆者はその方面の専門家ではないんで、よくまとめてあるなー大したものだ、と感じる以外にありませんが。

とはいえ分野の中の人なら「こんなの当たり前すぎるだろ・・・改めて紹介なんてするまでもないんじゃない?」・・・なんて考える人も、ひょっとしたらいるんじゃないかと思ってしまいます。

でも実際にはどうでしょう。筆者自身も、ニーズを持つ質問を投げかけてきた友人も、こんなサイトがあるなんてことは全然知りませんでした。

この事実をして「こんなことも知らないのかこいつは!」とするのは恥ずべき意見です。そんなに便利なものなら、分野外の人にもどんどん知らせてほしいです! 知られないもの、見つけ出せないものは存在しないのと同じですから。

今回はケムステ軍団という強い味方が居たので助かったのですが、「とっかかりとなる情報を信頼できる筋で調べたい」と思うとき、困ることは本当に多いんです。これは科学の情報であるかぎり、何でもそうだと日々感じています。

普通の人間が専門家に聞こうと思っても、そもそもどこの誰に聞けば良いか分からないですし、Yahoo知恵袋に投げるぐらいしか手がないのではないでしょうか。
これは「科学の日本語ガイドが検索可能な形で存在しないこと」が根源だと考えています。筆者がケムステの仕事を継続している理由はまさにそこにあります。ウェブに出ている信頼性の高い科学情報は、今でも全然足りていないのです。

ですので時間の許す限り、また新しい情報を仕入れるたびに、紹介文の形で残しておこうと思っています。いつか誰かが同じように困ったとき役立つように。同じことで何度も調べ直さなくても良いように。

こういった地道な情報蓄積は世界を便利にしますし、エセ科学の蔓延防止にも一役買うかもしれません。
読者の皆さんも、信頼性の高い専門サイトをそれぞれの分野でご存じのことと思います。情報を提供頂けると本当に有難いですし、専門家視点の紹介文とともにケムステに寄稿頂けるならもっと素晴らしい!

というわけで、そこの貴方も早速ケムステスタッフに応募してみませんか!?・・・てな感じのまとめで、今回はこれにて。

 

関連文献

  1. “SuperCYP: a comprehensive database on Cytochrome P450 enzymes including a tool for analysis of CYP-drug interactions” Preissner, R. et al. Nucl. Acids Res. 2010, 38, D237. doi:10.1093/nar/gkp970

 

外部リンク

 

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!20…
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  3. ポンコツ博士の海外奮闘録XXIV ~博士の危険地帯サバイバル 筒…
  4. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  5. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは…
  6. 第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!
  7. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置…
  8. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜
  2. オープンアクセス論文が半数突破か
  3. 人が集まるポスター発表を考える
  4. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学側が値下げを要求
  5. 庄野酸化 Shono Oxidation
  6. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  7. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  8. 今こそ天然物化学☆ 天然物化学談話会2021オンライン特別企画
  9. 秋の褒章2011-化学
  10. 三洋化成の新分野への挑戦

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP