[スポンサーリンク]

ケムステしごと

乙卯研究所 研究員募集 2022年度

[スポンサーリンク]

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。

自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究をやってみませんか?

有機化学といっても範囲が広いのですが、医学・薬学・理学・工学などに資する研究であれば特に指定はしていません。裁量労働制で、全ての時間を自分の研究に打ち込めます。有機化学の実験設備は他の研究所に引けは取りません。研究に困ったときには現職教授からアドバイスがもらえます。見学も大歓迎です。

乙卯研究所 所長 大谷 光昭

求人内容

求人内容
Content of job information
[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)] 当研究所は薬学の進歩発展に資するために必要な研究を実施し、その研究業績の発表を通じ、薬学分野における国際的、学術的研究の振興を目指して設立された公益財団法人であり、その主な事業は次の3つである。
(1)基礎有機化学を中心とする薬学の研究
(2)薬学の研究者に対する指導育成
(3)研究業績の発表
研究員は、当研究所アドバイザリーボードとの議論を通じて、独創的な研究の推進を図ると同時に、自らの研究遂行力を高めることができる。将来、公的機関や企業において、最先端研究を牽引できるリーダーの育成を当法人は目指している。
[仕事内容(業務内容、担当科目、研究分野の詳細等)] 有機化学分野の基礎研究を行い、学会、学術雑誌等に研究成果を発表する。研究テーマは基本的には当人の発案によるものとするが、適宜、アドバイザリーボードと討論しながら研究を進める。
[勤務地住所(住所の詳細、最寄り駅等)] 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232
最寄駅は東急田園都市線、東急大井町線溝の口駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅より徒歩15分、直通シャトルバス利用の場合5分
[募集人員(人数、職名等)] 研究員 若干名
[着任時期(着任日、採用日等)] 2022年10月3日(月)(応相談)
研究分野 1.(大分類)  医歯薬学         (小分類) 化学系薬学
Research field 2.(大分類)  化学            (小分類) 有機化学
3.(大分類)  化学            (小分類) 複合化学
職種
Job type
研究員・ポスドク相当
勤務形態
Employment status
常勤(任期あり)
勤務地
Work location
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内
応募資格
Qualifications
大学院修士課程卒以上の博士号取得者、あるいはそれに相当する者。
待遇
Compensation
勤務時間:専門業務型裁量労働制(みなし労働1日8時間)を適用。

休日:土日、祝日、年末年始、夏季3日、その他当研究所が必要と認めた日。 有給休暇有(当法人の規程による)。

雇用期間:単年度契約として、双方合意に基づき契約更新を行います(最長5年)。

保険等:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

給与:年報制 400~500万円(経験・能力・実績に応じ、本研究所支給基準に基づく、年1回の昇給可)。

手当:住宅手当(24万円/年)、通勤手当支給。

募集期間
Application period
採用枠が埋まり次第、募集を締め切ります。
応募・選考・結果通知・連絡先
Application/selection/notification of result/contact details
[応募方法(提出書類、提出方法、書類の返却、書類送付先等)] 以下の4点の書類を提出して下さい。
1. 履歴書(写真貼付、Eメールアドレス記載のこと)
2.当財団で行う予定の研究内容の概要(A4で3ぺージ程度。図表等の併用が望ましい)
3.研究業績、主要論文別刷り等
4.現職所属長あるいは現指導教授の推薦書(現職所属長等の推薦が困難な場合は、第3者による推薦書も受け付ける。その場合は、推薦者の氏名、所属、連絡先を記載のこと)提出先:〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232(公財)乙卯研究所 事務局 中込まどか 宛Eメール:secretariat@itsuu.or.jp

この公募は全ての応募書類を電子メールで受け付けます。なお、郵送で受理した応募書類は採用審査にのみ用い、返却は致しません。選考終了後、当方にて処分いたしますのでご了承ください。

[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法] ・1次選考:書類・2次選考:研究プレゼンテーションと面接結果はメールで通知いたします。
[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232 (公財)乙卯研究所 事務局 中込まどか
電話:044-819-4044 Eメール: secretariat@itsuu.or.jp

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 2017年12月14日開催: 化学企業4社によるプレミアムセミナ…
  2. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  3. 引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料
  4. チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!…
  5. 分子びっくり箱
  6. 群ってなに?【化学者だって数学するっつーの!】
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)…
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  2. 初めての減圧蒸留
  3. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授
  4. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  5. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  6. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!
  7. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  8. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?
  9. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  10. 「さびない鉄」産業界熱視線

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP