[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

化学の世界に限らず研究者たるもの、英語での論文執筆は必須のスキルです。
しかし、英語の苦手な日本人研究者にとっては、現実的に大変ストレスフルな作業の一つでもあります。とりわけ英語論文を書き慣れていない学生・院生・若手研究者なんかだと、一つの論文を書き上げるだけで、実に大変な思いをするものです。

もちろん筆者自身も全く例外ではなく、何とかして負担を軽減したいと考えてきました。ネット上のツールをいろいろ漁ってみると、やはり世界広しで、便利なものを無料公開してくれている、親切なサービスを諸々発見することができました。

今回の記事では、とりわけ化学者向けの、「英語論文執筆の負担を減じてくれる各種無料ツール」をまとめて紹介したいと思います。

とはいえ化学領域に限らず、普段の英文・論文・レポートを書く方々にとっては、広く役立つものと思われます。是非お試しあれ!

Exemplar

paper_tool_2.gifエグゼンプラー(Exemplar)というWebサイトはSpringer社から最近公開されたばかりの、論文用例データベースです。特に登録などは必要なく、誰でもどこからでも無料で使えます。

例えば「室温で」と書きたい場合、”?? room temperature”という表現なのは想像つきます。しかし「??の部分に、この文脈ではどういう前置詞が来るのだろうか?」などと迷うケースも少なくありません。特に専門用語の場合、用例が普通の辞書に載ってないことも多く、調べること自体なかなかままなりません。そういう時に役立つサイトの一つです。

ソースが学術論文なので、他の例文集とは異なり、論文表現に特化した用例が検索出来るのが最大の強みです。また、論文時系列・著者の属する地域・ジャーナル別に統計が表示されてくるのもユニーク。これを見れば、「当該分野の研究者やネイティブスピーカーが好んで使う表現かどうか」なんてことまで、およそ推測可能です。

このサイトは本当に便利で、筆者は何かにつけて活用しまくっています。超オススメです。

 

PCで使える英和/和英/英英辞書

lingoes_logo.pngdictionary_2.gif
世の中にはたくさん同類の辞書サービスがありますが、実際に使い比べてみた感じ、「決定版」と呼ぶにふさわしいものとなるとこれかな、と思えます。

オフラインで使えるポップアップタイプの辞書は、Lingoesキングソフト辞書がやはりベストでしょう(「つぶやき」での紹介記事はこちら)。単語をクリックすれば意味がポップアップされてくるので英文読解に使えるばかりか、もちろん普通の辞書としても使うことができます。これで無料というのも大きい。

オンライン辞書の方は、日本語サイトだとWeb英辞郞、海外だとDictionary.comなんかが定番でしょうか。
わざわざブラウザを開かねばならず、レスポンスもやや遅いため、実用観点ではLingoesなどに引けを取りますが、登録数・用例などは充実しています。Dictionary.comでは発音までもが掲載されているほどです。

 

シソーラス

paper_tool_3.gifpaper_tool_4.gif
シソーラスというのは日本語で言うところの類語辞典、つまり「同じ、もしくは似た意味を持つ他の単語」を引くときに使う辞書のことです。

例えば「convert」をシソーラスで引くと、metamorphose, mutate, transfigure, transform, translate, transmogrify, transmute, transpose, transubstantiate, change…などといった単語がずらずら出てきます。

論文表現を単調にしないためにも普段からシソーラスをこまめに引き、語彙を蓄えて行く習慣をつけると良いです。ただし、出てきた類語が論文表現にふさわしいものかどうか、非ネイティブの身には判別できないケースもままあります。あまりに凝った単語の使用は避けるか、上記のExemplerでチェックしてから使うほうが無難でしょう。

オンライン辞書なら、Dictionary.comの姉妹サイトでもあるThesaurus.comが定番です。オフラインでシソーラスを使いたいなら、Lingoesにシソーラスを追加するか、もしくは専用アプリであるWordWebを導入するのが良いでしょう。この方法ならいずれも無料です。

化学者用Word辞書

dic2.png以前に「つぶやき」でも紹介しました。 Wordのスペルチェック用の化学専門用語約10万語が収められています。「間違ってないのにWordによるスペルミス指摘が多すぎてウザすぎ!」とお嘆きの方は是非導入してみてください。目に付く赤線がほとんど消えるので、実に見た目が良くなります。

Google日本語入力システム

 

Google_sugges_0t

専門用語サジェスト機能の秀逸さは以前に「つぶやき」で特集したとおりですが、実は他にもいろいろと便利な活用法が考えられます。
例えば意外と皆さんご存じないことでしょうが、カタカナ語を入力して変換すると、オリジナルの英単語スペルが変換候補として表示されてくるのです。Google侮れない!もちろん辞書ソフトではないので、何でもかんでも変換される訳ではありません。しかしスペリングが混乱して上手く辞書検索出来なかった時などに、試してみる価値は十分あります。

paper_tool_5.gifついでにちょっとしたテクですが、ジャーナル略称を辞書登録しておくと、実に便利だったりもします。例えば有機化学系ジャーナルを頻繁に入力する筆者などは、以下のようなものを予め単語登録してあります。

じゃっくす → J. Am. Chem. Soc.
あんげ → Angew. Chem. Int. Ed.
おーえる → Org. Lett.
じぇいおー → J. Org. Chem.
てぃーえる → Tetrahedron Lett.
てとら → Tetrahedron
…etc

※ちなみに他のジャーナル略称は、こちらから調べられます。

 

ChemFormatter

paper_tool_6.gif化学論文執筆の際、化学式(示性式)をタイプする機会はたいへん多いのですが、いちいちプルダウンメニューで「書式」を選択し、数値を”下付き”、”上付き”へ整形するのはかなり面倒くさいものです。
そんな化学式テキスト入力を支援してくれるのが、ChemFormatterというWord用アドインです。文字列を選択してボタンを押すだけで、化学式やNMR、ジャーナル様式など諸々のフォーマットにあわせて整形してくれます。

とまぁここまで紹介しておいて何ですが、ブラインドタッチが出来るぐらいの人だと、ショートカットキーを使う方がずっと速いです。Word(Windows環境)で化学の文章を書く場合、以下のショートカットキーは特に使い勝手が良いので、是非覚えておきたいものですね。

上付き → Ctrl+Shift+「+」
下付き → Ctrl+Shift+「-」
イタリック → Ctrl+「I」
太字 → Ctrl+「B」
ギリシャ文字・記号(symbol font化) → Ctrl+Shift+「Q」

 

おまけ:ChemSketch

無料の化学構造式描画ソフトです。ChemDrawが高価で手に入らないと嘆きつつ、それでも化学のレポート・論文を書かねばならないという学生・研究者の方々にとって、とても有益なソフトです。詳しくは「つぶやき」での紹介記事をご参照ください。

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  2. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成…
  3. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  4. as well asの使い方
  5. 2017年始めに100年前を振り返ってみた
  6. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御す…
  7. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  8. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  2. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  3. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  4. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  5. 聖なる牛の尿から金を発見!(?)
  6. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  7. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  8. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  9. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution
  10. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP