[スポンサーリンク]


ニッケル

  1. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッケル種の還元と触媒サイクルの促進という2つの役割をマグネシウムが担っている。アリールC-N結合切断を伴うカップリング 芳香族アミン(…

  2. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  3. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

    CO2とニッケル触媒、マンガンを用いた1,3-ジエンの位置選択的な1,4-ジカルボキシル化反応が開発…

  4. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  6. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  8. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  9. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  10. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  2. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  3. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  4. キース・ファニュー Keith Fagnou
  5. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  6. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate
  7. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP