[スポンサーリンク]


ニッケル

  1. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

    C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存在する窒素原子および酸素原子を利用する本手法は、C–C結合形成の新たな戦略として期待される。求電子剤から直接C–C結合を形成するクロスカ…

  2. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  3. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  4. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

    CO2とニッケル触媒、マンガンを用いた1,3-ジエンの位置選択的な1,4-ジカルボキシル化反応が開発…

  5. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

  6. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  7. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  8. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  9. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  10. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  11. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  2. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した
  3. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  4. 研究者/研究力
  5. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  6. リンダウ会議に行ってきた④
  7. アトムエコノミー Atom Economy

注目情報

最新記事

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

PAGE TOP