[スポンサーリンク]


ニッケル

  1. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッケル種の還元と触媒サイクルの促進という2つの役割をマグネシウムが担っている。アリールC-N結合切断を伴うカップリング 芳香族アミン(…

  2. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  3. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

    CO2とニッケル触媒、マンガンを用いた1,3-ジエンの位置選択的な1,4-ジカルボキシル化反応が開発…

  4. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  6. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  8. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  9. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  10. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒバリマイシノンの全合成
  2. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その2
  4. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  5. ピラーアレーン
  6. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  7. インフルエンザ治療薬と記事まとめ

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP