[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

概要

トリクロロアセトイミデートをBF3などのルイス酸で活性化し、オキソニウムカチオンを発生させてグリコシル化を行う方法。複製するトリクロロアセトアミドが中性であるため、反応液の酸性度が大きく変化しないという特長がある。

 

基本文献

<review>

 

反応機構


schmidt_glycosidation_2.gif

反応例

Woodrosin Iの全合成[1]

schmidt_glycosidation_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※水が存在すると加水分解が併発する。予めトルエン共沸などで残存水分を除いて置くと収率が良い。もしくは、ルイス酸とともに活性化したMS4Aなどを共存させておく。

 

参考文献

[1] Furstner, A.; Jeanjean, F.; Razon, P. Angew. Chem. Int. Ed. 2002, 41, 2097. [abstract]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  2. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  3. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactio…
  4. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  5. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  6. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  7. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  8. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  2. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  3. マッチ博物館
  4. 化学と株価
  5. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  6. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  7. 有用なりん化合物
  8. 比色法の化学(前編)
  9. “Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは
  10. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP