[スポンサーリンク]


マテリアルズインフォマティクス

  1. 電子ノートSignals Notebookを紹介します!④

    今回は、先日の記事(↓)で紹介し切れなかった、Signals NotebookのMaterials機能の詳細について、ご紹介と使い方の説明をしてきます。前回記事:IASO R7の試薬データベースを構造式検索できるようにしてみた今回は…

  2. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用い…

  3. データケミカル株式会社ってどんな会社?

    データケミカル株式会社は、当社CTO金子弘昌(明治大学理工学部准教授)が運営する…

  4. 第53回「すべての化学・工学データを知識に変える」金子弘昌准教授

    第53回の研究者のインタビューは、明治大学の金子弘昌 准教授にお願いしました!ご専門はケモイ…

  5. 金子 弘昌 Hiromasa Kaneko

    金子 弘昌(かねこ ひろまさ)は、日本の化学者である。明治大学 理工学部 応用化学科・准教授。専門は…

  6. 谷池俊明 Toshiaki Taniike

  7. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  8. Pythonで気軽に化学・化学工学

  9. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

  10. 第16回ケムステVシンポ「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの?」を開催します!

  11. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

  12. マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  2. 研究費総額100万円!2050年のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】
  3. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  4. 人と人との「結合」を「活性化」する
  5. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  6. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  7. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP