[スポンサーリンク]

ケムステしごと

データケミカル株式会社ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

 

データケミカル株式会社は、当社CTO金子弘昌(明治大学理工学部准教授)が運営するデータ化学工学研究室のケモインフォマティクス・マテリアルズインフォマティクス・プロセスインフォマティクスの技術基盤をもとに、化学分野・化学工学分野を専門としたデータサイエンス事業を展開しております。

化学専門データ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」

化学産業の研究開発は従来技術者が知見や経験をもとに多大な労力を掛けて担っております。新規の分子や材料設計では、原料や配合、作り方の組み合わせは膨大にあり、さらに新規材料を化学プラントにて安定量産するためのプロセス設計にも多くの検討が必要です。そこで現在分子・材料設計やプロセス設計にAI・機械学習を活用し、最適条件を探索する取り組みが進んでおります。

ただし自前でAI・機械学習を活用するには、プログラミングのスキル習得から時間を要し、AI手法を使いこなし実践的に応用できるデータサイエンティスト人材は慢性的に不足しております。一方、これまでも化学分野を専門とした外部のAI・機械学習サービスはありますが、高額なうえ扱う技術テーマが限定的であったり、何らかの数値解は出るが科学的な解釈が伴っていないなど活用において課題がありました。

Datachemical LABでは、分子・材料・プロセス設計において有用なAI・機械学習手法を一つのプラットフォームに体系化し、手持ちの実験データをもとにプログラミングなしに質の高いデータサイエンスを実践できます。ユーザー様ご自身で様々な技術案件にて、実験室での材料開発から化学プラントでの量産化までトータルでの開発スピード向上・低コスト化が期待できます。

本サービスは、手頃な料金プランで、大手化学メーカー様から中小の化学メーカー様や大学・研究機関様まで、幅広く導入頂いております。またサポートサイトでは豊富な技術資料や活用動画を備え、さらにメール・ウェブ面談での技術相談にも対応し、データサイエンス初心者の方も安心してご利用頂けます。

明治大学理工学部データ化学工学研究室の技術基盤

弊社CTOの金子弘昌は、従来個別に検討されていた分子・材料設計と製造プロセス設計でのAI・機械学習活用を一体化して取り扱う「データ化学工学」を提唱し、これまで研究に取り組んできました。2017年より明治大学理工学部でデータ化学工学研究室を運営しており、同研究室ではこれまで化学分野でのAI・機械学習活用において多数の研究成果を挙げ、20社以上の大手化学メーカーとの共同研究・コンサルティング実績があります。例えば半導体材料の開発において、同研究室の手法で、従来の物性値を超越する材料開発に成功したり、製造プロセスにおいて将来予測をしながら運転管理をするプログラムを開発し、実際の現場で使用されたりしております。

弊社は化学産業での幅広いデータサイエンス普及をミッションとし、データ化学工学研究室での多様なアルゴリズムをもとにアプリケーション開発を行っております。

AIスタートアップとしての挑戦

データケミカルは2021年10月に設立され、システムベンダ―と共同でDatachemical LABの開発をすすめ、2022年4月にサービスリリースしました。リリース直後より多くの反響を頂き、既に30にのぼる企業・大学・研究機関様にて導入され(23年8月時点)、事業としても収益化を達成しております。

現在Datachemical LABを産学においてデータサイエンスインフラとしてのポジションを確立すべく、日々取り組んでおります。データ化学工学研究室での最新の研究成果を踏まえ、継続的に新たな手法を搭載するのはもちろんのこと、ユーザー様のご要望に応じて操作性や細かい処理のところでも頻繁にアップデートしております。またユーザー様に安心してご利用頂くために、2023年5月には、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001、およびクラウドセキュリティ認証ISO27017を取得しました。今後国内での業績拡大に加え、海外でのサービス展開を予定しております。

世界中の技術者にとってより質の高いデータサイエンスが身近になり、人とデータサイエンスが協働して価値を生み出す社会を目指して挑戦し続けます。

データケミカル株式会社の基本情報

会社名 データケミカル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6丁目23-4 桑野ビル2階
事業内容 化学分野を専門としたAIクラウドサービスの提供
設立/創立 2021年10月
資本金 780万円
ホームページ https://www.datachemical.com/

関連記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ボールミルを用いた、溶媒を使わないペースト状 Grignard …
  2. 今年はキログラムに注目だ!
  3. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  5. 「決断できる人」がしている3つのこと
  6. 【第48回有機金属化学セミナー】講習会:ものづくりに使える触媒反…
  7. 材料開発における生成AIの活用方法
  8. 分子の自己集合プロセスを多段階で制御することに成功 ―分子を集め…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantification – Lowry Method
  2. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  3. 電池材料粒子内部の高精細な可視化に成功~測定とデータ科学の連携~
  4. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  5. 【十全化学】新卒採用情報
  6. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  7. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  8. 危険物に関する法令:危険物の標識・掲示板
  9. 自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む
  10. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP