[スポンサーリンク]

ケムステしごと

データケミカル株式会社ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

 

データケミカル株式会社は、当社CTO金子弘昌(明治大学理工学部准教授)が運営するデータ化学工学研究室のケモインフォマティクス・マテリアルズインフォマティクス・プロセスインフォマティクスの技術基盤をもとに、化学分野・化学工学分野を専門としたデータサイエンス事業を展開しております。

化学専門データ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」

化学産業の研究開発は従来技術者が知見や経験をもとに多大な労力を掛けて担っております。新規の分子や材料設計では、原料や配合、作り方の組み合わせは膨大にあり、さらに新規材料を化学プラントにて安定量産するためのプロセス設計にも多くの検討が必要です。そこで現在分子・材料設計やプロセス設計にAI・機械学習を活用し、最適条件を探索する取り組みが進んでおります。

ただし自前でAI・機械学習を活用するには、プログラミングのスキル習得から時間を要し、AI手法を使いこなし実践的に応用できるデータサイエンティスト人材は慢性的に不足しております。一方、これまでも化学分野を専門とした外部のAI・機械学習サービスはありますが、高額なうえ扱う技術テーマが限定的であったり、何らかの数値解は出るが科学的な解釈が伴っていないなど活用において課題がありました。

Datachemical LABでは、分子・材料・プロセス設計において有用なAI・機械学習手法を一つのプラットフォームに体系化し、手持ちの実験データをもとにプログラミングなしに質の高いデータサイエンスを実践できます。ユーザー様ご自身で様々な技術案件にて、実験室での材料開発から化学プラントでの量産化までトータルでの開発スピード向上・低コスト化が期待できます。

本サービスは、手頃な料金プランで、大手化学メーカー様から中小の化学メーカー様や大学・研究機関様まで、幅広く導入頂いております。またサポートサイトでは豊富な技術資料や活用動画を備え、さらにメール・ウェブ面談での技術相談にも対応し、データサイエンス初心者の方も安心してご利用頂けます。

明治大学理工学部データ化学工学研究室の技術基盤

弊社CTOの金子弘昌は、従来個別に検討されていた分子・材料設計と製造プロセス設計でのAI・機械学習活用を一体化して取り扱う「データ化学工学」を提唱し、これまで研究に取り組んできました。2017年より明治大学理工学部でデータ化学工学研究室を運営しており、同研究室ではこれまで化学分野でのAI・機械学習活用において多数の研究成果を挙げ、20社以上の大手化学メーカーとの共同研究・コンサルティング実績があります。例えば半導体材料の開発において、同研究室の手法で、従来の物性値を超越する材料開発に成功したり、製造プロセスにおいて将来予測をしながら運転管理をするプログラムを開発し、実際の現場で使用されたりしております。

弊社は化学産業での幅広いデータサイエンス普及をミッションとし、データ化学工学研究室での多様なアルゴリズムをもとにアプリケーション開発を行っております。

AIスタートアップとしての挑戦

データケミカルは2021年10月に設立され、システムベンダ―と共同でDatachemical LABの開発をすすめ、2022年4月にサービスリリースしました。リリース直後より多くの反響を頂き、既に30にのぼる企業・大学・研究機関様にて導入され(23年8月時点)、事業としても収益化を達成しております。

現在Datachemical LABを産学においてデータサイエンスインフラとしてのポジションを確立すべく、日々取り組んでおります。データ化学工学研究室での最新の研究成果を踏まえ、継続的に新たな手法を搭載するのはもちろんのこと、ユーザー様のご要望に応じて操作性や細かい処理のところでも頻繁にアップデートしております。またユーザー様に安心してご利用頂くために、2023年5月には、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001、およびクラウドセキュリティ認証ISO27017を取得しました。今後国内での業績拡大に加え、海外でのサービス展開を予定しております。

世界中の技術者にとってより質の高いデータサイエンスが身近になり、人とデータサイエンスが協働して価値を生み出す社会を目指して挑戦し続けます。

データケミカル株式会社の基本情報

会社名 データケミカル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6丁目23-4 桑野ビル2階
事業内容 化学分野を専門としたAIクラウドサービスの提供
設立/創立 2021年10月
資本金 780万円
ホームページ https://www.datachemical.com/

関連記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  2. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  3. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  4. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モータ…
  5. 触媒表面に吸着した分子の動きと分子変換過程を可視化~分子の動きが…
  6. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  7. 日米の研究観/技術観の違い
  8. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授
  2. 【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途
  3. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  4. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  5. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  6. 近況報告PartIV
  7. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  8. 創発型研究のススメー日本化学会「化学と工業:論説」より
  9. 繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発
  10. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP