[スポンサーリンク]

B

バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

温和な条件下にヒドラゾンをヨウ化アルケニルへと変換する手法。ヨウ素の代わりにセレン臭化物を使うとアルケニルセレン化合物が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

Barton_vinylI_2.gif

反応例

Cortistatin Aの合成[1] Barton_vinylI_3.gif

ouabageninの合成[2]

2014-08-21_22-59-51

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Lee, H. M.; Nieto-Oberhuber, C.; Shair, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16864. DOI: 10.1021/ja8071918

[2] Renata, H.; Zhou, Q.; Baran, P.S. Science, 2013, 339, 59. DOI: 10.1126/science.1230631

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エドマン分解 Edman Degradation
  2. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  3. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  4. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  5. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  6. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  7. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  8. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 立体選択的なスピロ環の合成
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  3. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  4. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  5. バイアグラ /viagra
  6. TFEDMA
  7. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  8. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  9. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~
  10. CV書いてみた:ポスドク編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP