[スポンサーリンク]

B

バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

 

概要

温和な条件下にヒドラゾンをヨウ化アルケニルへと変換する手法。ヨウ素の代わりにセレン臭化物を使うとアルケニルセレン化合物が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

Barton_vinylI_2.gif

反応例

Cortistatin Aの合成[1] Barton_vinylI_3.gif

ouabageninの合成[2]

2014-08-21_22-59-51

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Lee, H. M.; Nieto-Oberhuber, C.; Shair, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16864. DOI: 10.1021/ja8071918

[2] Renata, H.; Zhou, Q.; Baran, P.S. Science, 2013, 339, 59. DOI: 10.1126/science.1230631

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  2. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  4. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  6. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  7. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  8. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  2. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  3. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  4. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  5. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  6. 池袋PARCOで「におい展」開催
  7. プラスマイナスエーテル!?
  8. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコールへの道~
  9. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  10. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP