[スポンサーリンク]

B

バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

温和な条件下にヒドラゾンをヨウ化アルケニルへと変換する手法。ヨウ素の代わりにセレン臭化物を使うとアルケニルセレン化合物が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

Barton_vinylI_2.gif

反応例

Cortistatin Aの合成[1] Barton_vinylI_3.gif

ouabageninの合成[2]

2014-08-21_22-59-51

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Lee, H. M.; Nieto-Oberhuber, C.; Shair, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16864. DOI: 10.1021/ja8071918

[2] Renata, H.; Zhou, Q.; Baran, P.S. Science, 2013, 339, 59. DOI: 10.1126/science.1230631

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マッテソン反応 Matteson Reaction
  2. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmet…
  3. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  4. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  5. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  6. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine
  8. 庄野酸化 Shono Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私が思う化学史上最大の成果-2
  2. モリブドプテリン (molybdopterin)
  3. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  4. メソポーラスシリカ(1)
  5. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  6. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  7. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  8. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生
  9. TLCと反応の追跡
  10. 化学のちからで抗体医薬を武装する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP