[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第16回ケムステVシンポ「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの?」を開催します!

[スポンサーリンク]

気付けば2021年度も、はや5月末。とどまることを知らない新型コロナのせいで、今年こそは「オンサイト!」と言っていた殆どの学会がオンラインで開催することに変更されてしまったりなど、全然元どおりになりません。そういうご時世ですので、Vシンポの開催はますます重要になってくるのではないかと思います。

今は一般的になったVシンポの中でもコロナ禍初期からのVシンポ老舗ブランドとしても名高い(?)ケムステVシンポジウム、今回は第16回ケムステVシンポジウムの告知です。今回ファシリテーターを務めますのは、第11回ケムステVシンポ「最先端精密高分子合成」第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を担当しました、阪大講師の石割です。

これまでのVシンポ開催時に、参加者から「開催して欲しいテーマ」に関するアンケートをとっております。そのテーマの中から毎回開催の要望が多く寄せられていた、「機械学習 ≒ マテリアルズインフォマティクス = MI」に関するVシンポの開催を決定いたしました!!

さて、マテリアルズインフォマティクスとは、、、と、いつものように紹介記事を書こうとしたのですが、私、マテリアルズインフォマティクス、かなり、フワッとしてま!! 有機合成しかしたことがありませんから!!(笑)ですので、残念ながら紹介記事もロクにかけません、、(涙)

しかし、実際に「マテリアルズインフォマティクス」と聞いても、(興味はあるけど難しそうでよくわからない、私を始めとして「なにそれおいしいの?」状態という人も多いはず!(←ひらきなおり)。そして安西先生もこう言っています。「下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目、、、」

と、いうことで、今回ケムステVシンポでは、私のような機械学習初心者も対象にしたVシンポを開催いたします!

その名も、

「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの??」です!!(笑)

ファシリテーターの理解度を大々的に反映したタイトルとなっておりますが、私のような初心者の方でもわかりやすく説明していただけるよう、講演者の先生方にお願いしておりますので、「なにそれおいしいの??」という感じの方でもどなたでも楽しんでいただけるものと思っております!

さらに、石割一人ではまたダダ滑りになるのではないかという恐怖から、前回に引き続き今回もファシリテーターは2人でやっていきたいと思います!

今回のVシンポでは、これまでケムステ上でも共演することが多かった(こちらこちら)、埼玉大学の誇るスーパースターこと古川俊輔助教(下記画像)共同でお送りいたします!

埼玉大学 古川助教

 

実は我々、MIのベンチャー企業 MI-6 株式会社のアドバイザーをしており、一見すると今回のファシリテーターズとしては適任なのですが、正直二人ともMI、フワッとしています。ですので恥ずかしながら今回我々の勉強も兼ねてファシリテーターズやらさせていただきます、はい(汗)

今回、そんな我々にマテリアルズインフォマティクスMIを教えていただける講師の先生として、大学のみならず、研究所や企業から下記の先生方にお集まりいただきました!

産業に直結する研究を行っておられる産総研でのMIに関する取り組みを矢田 陽 先生より、MIを活用した太陽電池の開発に関する研究を大阪大学 佐伯昭紀先生より、MIの実戦ともいうべき企業での取り組みをMI-6 株式会社より入江 満 先生よりご講演いただきます。果たして今回のVシンポで石割と古川がどこまでMIを理解できるようになるのか??そこも見所です!(多分 笑)

皆様、ご登録の上、ライブ感満載のVシンポをお楽しみください! もし、当日都合がつかない場合でも、参加登録してURLさえゲットすれば、後からYoutubeで視聴できますので、是非参加登録をお願いします!!以下が詳細になります。それでは当日をお楽しみに!

実施概要

第16回ケムステVシンポジウム

「マテリアルズインフォマティクス?なにそれおいしいの?」
対象:誰でも
開催日:2021年6月14日(月)
講演会:17:00~(1名30分、講演25分+質疑応答5分 “程度” を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着2000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者
矢田 陽 先生(産総研)「キャタリストインフォマティクスによる触媒設計」
佐伯 昭紀 先生(阪大)「機械学習と実験アプローチによる次世代光電変換材料の探索」
入江 満 先生(MI-6株式会社)「様々な産業分野でのマテリアルズインフォマティクス」

参加登録Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、開始時間に間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター

石割 文崇(大阪大学) & 古川 俊輔(埼玉大学)

モデレーター

(決定し次第追記)

 

念を押しますが、参加登録いただいた方に配布するURLから数日間は講演内容を見返すことができます。それ以降はアーカイブ視聴不可となる貴重な講演内容が大部分を占めますので、参加登録とライブでのご視聴をよろしくお願いします!

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

東京化成工業

 

メルク

  • 【アカデミア限定!Synthiaを特別価格でご提供】
    逆合成解析をサポートする新しいツール、Synthia。2021年6月末日までのご契約で、1ユーザーライセンスから特別価格にてご提供します。大学にご所属の研究者様が対象です。
    詳細はこちら⇒http://bit.ly/2QutH0q_academia_limited
    【ウェビナー】Glaxo Smith Kline(GSK)におけるSynthiaの創薬現場での活用例をご紹介
    詳細はこちら⇒https://bitesizebio.com/webinar/retrosynthesis-software/

島津製作所

 

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。
人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)
→詳しくはこちら
https://solutions.shimadzu.co.jp/solnavi/n/webinar/index.htm

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

動画公開しました!【追記: 7月8日】

今回のVシンポをアーカイブ化した動画を公開しました!

関連リンク

矢田 陽 先生
佐伯 昭紀 先生
MI-6株式会社

Kosuge

投稿者の記事一覧

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

関連記事

  1. 円偏光スピンLEDの創製
  2. 組曲『ノーベル化学賞』
  3. フラクタルな物質、見つかる
  4. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  5. Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマ…
  6. トンネル効果が支配する有機化学反応
  7. 強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応…
  8. 年に一度の「事故」のおさらい

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  2. 未来の化学者たちに夢を
  3. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  4. ウギ反応 Ugi Reaction
  5. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  6. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  7. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  8. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  9. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻
  10. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

ラジカル種の反応性を精密に制御する-プベルリンCの世界初全合成

第466回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科 天然物合成化学教室 (井上研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP