[スポンサーリンク]


メタセシス

  1. エステルからエステルをつくる

    第 260 回のスポットライトリサーチは早稲田大学 山口研究室の博士課程 2 年生の一色遼大さんにお願いしました。一色さんの所属する山口研究室は、「分子をつなぐ」「分子をぶっ壊す」「革新的分子をつくる」という合成化学の最も基本的な命…

  2. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素

    第217回のスポットライトリサーチは、理化学研究所・Kenward Vong 博士にお願いしました。…

  3. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

    先日、Richard R. Schrock教授(MIT)の講演を聴いてきました。Schrock教授は…

  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

  7. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  8. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  2. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  3. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  4. IRの基礎知識
  5. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI
  6. 生理活性物質? 生物活性物質?
  7. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』

注目情報

最新記事

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

PAGE TOP