[スポンサーリンク]

A

アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

[スポンサーリンク]

概要

アルケンメタセシスではアルキリデン錯体を触媒・アルケンを基質として用いるが、アルキリジン錯体を触媒・アルキンを基質として用いる場合には、アルキンメタセシス(alkyne metathesis)が進行する。アルキン間の置換基に交換が起きる。

生成物の内部アルキンを部分還元することにより、アルケンメタセシスでは難しいアルケンの幾何異性制御が完全に行えるというメリットがある。

単一の生成物を与える閉環アルキンメタセシス(RCAM)が合成化学的には有用であるが、分子間クロスメタセシスも進行する。

基本文献

  •  Pennella, F.; Banks R. L.; Bailey, G. C.  Chem. Commun. 1968, 1548. DOI: 10.1039/C19680001548
  •  Mortreux, A.; Blanchard, M. JCS Chem. Commun. 1974, 786. doi:10.1039/C39740000786
  • Wengrovius, J. H.; Sancho, J.; Schrock, R. R. J. Am. Chem. Soc. 1981, 103, 3932. doi:10.1021/ja00403a058
  • Fürstner, A.; Seidel, G. Angew. Chem. Int. Ed. 1998, 37, 1734. [abstract]
  • Fürstner, A.; Guth, O.; Rumbo, A.; Seidel, G. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 11108. doi:10.1021/ja992074k
<review>

開発の歴史

1968年にBailleyらは酸化タングステン/シリカゲル触媒の存在下、2つの異なるジアリールアルキンのアリール基が置き換わる反応を報告した。しかし、この反応は200℃〜450℃と高温を必要としていた。

1974年にフランスの化学者Mortreuxらによって本反応にMo(CO)6-フェノール触媒系が有効であることが示され、160℃、3hで反応が進行する均一系触媒がはじめて報告された。しかしやはり高温反応と官能基許容性の面で不足があった。

その後、有機金属化学分野の発展が後押しする形で炭素―金属三重結合を備える高原子価遷移金属アルキリジン錯体(Schrock alkylidine)の研究が進み、機構面からの基盤構築が進んだ。1981年には、タングステン-アルキリジン錯体が初の構造明確なアルキンメタセシス触媒として働くことがSchrockらによって示された。後にπドナー性の低いフルオロアルコールを配位子として備えるモリブデン-アルキリジン錯体、レニウム-アルキリジン錯体もメタセシス触媒となり得ることが示された。

 

反応機構

可逆的な[2+2]付加環化から生じるsquare-pyramidalなメタラシクロブタジエンを経由する機構にて進行する。

反応例

アルケンメタセシスでアルケンを合成するとE/Z混合物が生じてしまう。アルキンメタセシス→部分還元のプロトコルに変更することでこの点を解決出来る[1, 2]。

ニトリル-アルキン間のクロスメタセシス反応[3]

天然物全合成への応用

Fürstnerらによって、合成手法としての研究が精力的に行われている。

Epothilone Cの合成[4] :タングステン触媒はルイス塩基性官能基に弱い一方で、モリブデンアミド錯体とCH2Cl2から系中生成する触媒活性種[5]はこの課題をクリアしている。

NakadomarinAの全合成[6]:脂肪族アルコールよりもπドナー性の低いシラノールをリガンドとしたMo-phen錯体は、bench-stableな触媒前駆体である。ZnCl2もしくはMnCl2共存下に活性種を系中生成させ、極めて官能基許容性に優れたアルキンメタセシス反応を進行させる[7]。

Sinulariadiolideの合成[8]:基質にアルコールが存在すると、シラノール配位子と交換してしまい触媒が失活する。これを防ぐためにトリシラノール型配位子を備えたCanopy型メタセシス触媒[9]が設計され、用いられている。

参考文献

  1. (a) Fürstner, A.; Seidel, G. Angew. Chem. Int. Ed. 1998, 37, 1734. [abstract] (b) Fürstner, A.; Guth, O.; Rumbo, A.; Seidel, G. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 11108. doi:10.1021/ja992074k
  2. (a) Radkowski, K.; Sundararaju, B.; Fürstner, A. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 355. doi:10.1002/anie.201205946 (b) Fürstner, A.; Radkowski, K. Chem. Commun. 2002, 18, 2182. doi:10.1039/B207169J
  3. Geyer, A. M.; Gdula, R. L.; Wiedner, E. S.; Johnson, M. J. A. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129. 3800. doi:10.1021/ja0693439
  4. Fürstner, A.; Mathes, C.; Lehman, C. W. Chem. Eur. J. 2001, 7, 5299. [abstract]
  5. Fürstner, A.; Mathes, C. Org. Lett. 2001, 3, 221. doi:10.1021/ol0068795
  6. Boeckman, R. K.; Wang, H.; Rugg, K. W.; Genung, N. E.; Chen, K.; Ryder, T. R. Org. Lett. 2016, 18, 6136. doi:10.1021/acs.orglett.6b03137
  7. (a) Heppekausen, J.; Stade, R.; Goddard, R.; Fürstner, A. J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 11045. doi:10.1021/ja104800w (b) Heppekausen, J.; Stade, R.; Kondoh, A.; Seidel, G.; Goddard, R.; Fürstner, A. Chem. Eur. J. 2012, 18, 10281. doi:10.1002/chem.201200621 (c) Persich, P.; Llaveria, J.; Lhermet, R.; de Haro, T.; Stade, R.;Kondoh, A.; Fürstner, A. Chem. Eur. J. 2013, 19, 13047. doi:10.1002/chem.201302320 (d) Thompson, R. R.; Rotella, M. E.; Du, P.; Zhou, X.; Fronczek, F. R.; Kumar, R.; Gutierrez, O.; Lee, S. Organometallics 2019, 38, 4054. doi:10.1021/acs.organomet.9b00430 (e) Thompson, R. R.; Rotella, M. E.; Zhou, X.; Fronczek, F. R.; Gutierrez, O.; Lee, S. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 9026. doi:10.1021/jacs.1c01843
  8. Meng, Z.; Fürstner, A.  J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 805. doi:10.1021/jacs.8b12185
  9. (a) Hillenbrand, J.; Leutzsch, M.; Fürstner, A. Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58, 15690. doi:10.1002/anie.201908571 (b) Hillenbrand, J.; Leutzsch, M.; Yiannakas, E.; Gordon, C. P.; Wille, C.; Nöthling, N.; Copéret, C.; Fürstner, A. J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 11279. doi:10.1021/jacs.0c04742 (c) Haack, A.; Hillenbrand, J.; Leutzsch, M.; van Gastel, M.; Neese,F.; Fürstner, A. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 5643. doi:10.1021/jacs.1c01404

関連反応

関連書籍

Modern Alkyne Chemistry: Catalytic and Atom-Economic Transformations (English Edition)

Modern Alkyne Chemistry: Catalytic and Atom-Economic Transformations (English Edition)

¥19,896(as of 09/26 16:10)
Release date: 2014/10/08
Amazon product information

関連試薬

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  2. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  3. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  5. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…
  6. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  7. 永田試薬 Nagata Reagent
  8. アニオン重合 Anionic Polymerization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  3. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  4. 有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料
  5. 生物学的等価体 Bioisostere
  6. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  7. 一流化学者たちの最初の一歩
  8. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー
  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!
  10. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&amp;司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP