[スポンサーリンク]

A

アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

アルキン→アルキン

概要

閉環オレフィンメタセシス(RCM)ではオレフィンを基質として用いるが、アルキリジン錯体を触媒を用いてアルキンを基質とすると、閉環アルキンメタセシス(ring-closing
alkyne metathesis: RCAM)になる。

RCAMで出じる内部アルキンは立体選択的に換言できる。この段階的手法によって、RCMでは難しいオレフィンの幾何異性制御が完全に行える。メリットの一つである。

分子間クロスメタセシスも可能であるが、錯体の安定性・触媒量の面でまだまだ改善の余地がある。今後の発展の待たれる変換手法である。

 

基本文献

  •  Pennella, F.; Banks R. L.; Bailey, G. C.  Chem. Commun., 1968, 1548. DOI: 10.1039/C19680001548
  •  Mortreux, A.; Blanchard, M. JCS Chem. Commun, 1974, 786. doi:10.1039/C39740000786
  •  Furstner, A. Mathes, C. Lehmann, C. W. J. Am. Chem. Soc 1999, 121, 9453. doi:10.1021/ja991340r
  •  Furstner, A.; Mathes, C.; Lehmann, C. W. Chem. Eur. J. 2001, 7, 5299. [abstract]

Review:

 

開発の歴史

1968年にBailleyらは酸化タングステンとシリカゲル中2つの異なるジアリールアルキンのアリール基が置き換わる反応を報告した。しかし、この反応は200℃〜450℃と高温を必要としていた。1974年にフランスの化学者Mortreuxらによって本反応にMo(CO)6触媒が有効であることが明らかとなり。160℃、3hで反応が進行することが明らかとなった。

 

反応機構

rcam_5.gif

反応例

Furstnerらにより合成手法としての研究が精力的に行われている。
citreofuranの合成[1] rcam_3.gif
ニトリル-アルキン間のクロスメタセシス反応[2] rcam_6.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Fürstner, A.; Castanet, A.-S.; Radkowski, K.; Lehmann, C. W. J. Org. Chem. 200368, 1521. DOI: 10.1021/jo026686q

[2] Geyer, A. M.; Gdula, R. L.; Wiedner, E. S.; Johnson, M. J. A. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129. 3800. doi:10.1021/ja0693439

 

関連反応

 

 

関連書籍

 

関連試薬

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  2. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  3. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  4. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  5. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  6. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  7. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  8. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニセ試薬のサプライチェーン
  2. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  3. 立体選択的なスピロ環の合成
  4. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  5. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  6. 酸で活性化された超原子価ヨウ素
  7. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  8. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  9. キラルオキサゾリジノン
  10. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP