[スポンサーリンク]

A

アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

[スポンサーリンク]

アルキン→アルキン

概要

閉環オレフィンメタセシス(RCM)ではオレフィンを基質として用いるが、アルキリジン錯体を触媒を用いてアルキンを基質とすると、閉環アルキンメタセシス(ring-closing
alkyne metathesis: RCAM)になる。

RCAMで出じる内部アルキンは立体選択的に換言できる。この段階的手法によって、RCMでは難しいオレフィンの幾何異性制御が完全に行える。メリットの一つである。

分子間クロスメタセシスも可能であるが、錯体の安定性・触媒量の面でまだまだ改善の余地がある。今後の発展の待たれる変換手法である。

 

基本文献

  •  Pennella, F.; Banks R. L.; Bailey, G. C.  Chem. Commun., 1968, 1548. DOI: 10.1039/C19680001548
  •  Mortreux, A.; Blanchard, M. JCS Chem. Commun, 1974, 786. doi:10.1039/C39740000786
  •  Furstner, A. Mathes, C. Lehmann, C. W. J. Am. Chem. Soc 1999, 121, 9453. doi:10.1021/ja991340r
  •  Furstner, A.; Mathes, C.; Lehmann, C. W. Chem. Eur. J. 2001, 7, 5299. [abstract]

Review:

 

開発の歴史

1968年にBailleyらは酸化タングステンとシリカゲル中2つの異なるジアリールアルキンのアリール基が置き換わる反応を報告した。しかし、この反応は200℃〜450℃と高温を必要としていた。1974年にフランスの化学者Mortreuxらによって本反応にMo(CO)6触媒が有効であることが明らかとなり。160℃、3hで反応が進行することが明らかとなった。

 

反応機構

rcam_5.gif

反応例

Furstnerらにより合成手法としての研究が精力的に行われている。
citreofuranの合成[1] rcam_3.gif
ニトリル-アルキン間のクロスメタセシス反応[2] rcam_6.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Fürstner, A.; Castanet, A.-S.; Radkowski, K.; Lehmann, C. W. J. Org. Chem. 200368, 1521. DOI: 10.1021/jo026686q

[2] Geyer, A. M.; Gdula, R. L.; Wiedner, E. S.; Johnson, M. J. A. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129. 3800. doi:10.1021/ja0693439

 

関連反応

 

 

関連書籍

 

関連試薬

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  2. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  3. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glyco…
  4. バージェス試薬 Burgess Reagent
  5. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  6. バートン反応 Barton Reaction
  7. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  8. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  2. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  3. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  4. E値 Environmental(E)-factor
  5. UCLA研究員死亡事故・その後
  6. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  7. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  8. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  9. あなたの体の中の”毒ガス”
  10. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP