[スポンサーリンク]

A

アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

アルキン→アルキン

概要

閉環オレフィンメタセシス(RCM)ではオレフィンを基質として用いるが、アルキリジン錯体を触媒を用いてアルキンを基質とすると、閉環アルキンメタセシス(ring-closing
alkyne metathesis: RCAM)になる。

RCAMで出じる内部アルキンは立体選択的に換言できる。この段階的手法によって、RCMでは難しいオレフィンの幾何異性制御が完全に行える。メリットの一つである。

分子間クロスメタセシスも可能であるが、錯体の安定性・触媒量の面でまだまだ改善の余地がある。今後の発展の待たれる変換手法である。

 

基本文献

  •  Pennella, F.; Banks R. L.; Bailey, G. C.  Chem. Commun., 1968, 1548. DOI: 10.1039/C19680001548
  •  Mortreux, A.; Blanchard, M. JCS Chem. Commun, 1974, 786. doi:10.1039/C39740000786
  •  Furstner, A. Mathes, C. Lehmann, C. W. J. Am. Chem. Soc 1999, 121, 9453. doi:10.1021/ja991340r
  •  Furstner, A.; Mathes, C.; Lehmann, C. W. Chem. Eur. J. 2001, 7, 5299. [abstract]

Review:

 

開発の歴史

1968年にBailleyらは酸化タングステンとシリカゲル中2つの異なるジアリールアルキンのアリール基が置き換わる反応を報告した。しかし、この反応は200℃〜450℃と高温を必要としていた。1974年にフランスの化学者Mortreuxらによって本反応にMo(CO)6触媒が有効であることが明らかとなり。160℃、3hで反応が進行することが明らかとなった。

 

反応機構

rcam_5.gif

反応例

Furstnerらにより合成手法としての研究が精力的に行われている。
citreofuranの合成[1] rcam_3.gif
ニトリル-アルキン間のクロスメタセシス反応[2] rcam_6.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Fürstner, A.; Castanet, A.-S.; Radkowski, K.; Lehmann, C. W. J. Org. Chem. 200368, 1521. DOI: 10.1021/jo026686q

[2] Geyer, A. M.; Gdula, R. L.; Wiedner, E. S.; Johnson, M. J. A. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129. 3800. doi:10.1021/ja0693439

 

関連反応

 

 

関連書籍

 

関連試薬

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  2. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  3. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  4. MSH試薬 MSH reagent
  5. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  6. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  7. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  8. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate
  2. キレーション療法ってなに?
  3. 2011年10大化学ニュース【前編】
  4. 天然物界70年の謎に終止符
  5. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  6. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  7. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  8. アントシアニン / anthocyanin
  9. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  10. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP