[スポンサーリンク]

A

アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

アルキン→アルキン

概要

閉環オレフィンメタセシス(RCM)ではオレフィンを基質として用いるが、アルキリジン錯体を触媒を用いてアルキンを基質とすると、閉環アルキンメタセシス(ring-closing
alkyne metathesis: RCAM)になる。

RCAMで出じる内部アルキンは立体選択的に換言できる。この段階的手法によって、RCMでは難しいオレフィンの幾何異性制御が完全に行える。メリットの一つである。

分子間クロスメタセシスも可能であるが、錯体の安定性・触媒量の面でまだまだ改善の余地がある。今後の発展の待たれる変換手法である。

 

基本文献

  •  Pennella, F.; Banks R. L.; Bailey, G. C.  Chem. Commun., 1968, 1548. DOI: 10.1039/C19680001548
  •  Mortreux, A.; Blanchard, M. JCS Chem. Commun, 1974, 786. doi:10.1039/C39740000786
  •  Furstner, A. Mathes, C. Lehmann, C. W. J. Am. Chem. Soc 1999, 121, 9453. doi:10.1021/ja991340r
  •  Furstner, A.; Mathes, C.; Lehmann, C. W. Chem. Eur. J. 2001, 7, 5299. [abstract]

Review:

 

開発の歴史

1968年にBailleyらは酸化タングステンとシリカゲル中2つの異なるジアリールアルキンのアリール基が置き換わる反応を報告した。しかし、この反応は200℃〜450℃と高温を必要としていた。1974年にフランスの化学者Mortreuxらによって本反応にMo(CO)6触媒が有効であることが明らかとなり。160℃、3hで反応が進行することが明らかとなった。

 

反応機構

rcam_5.gif

反応例

Furstnerらにより合成手法としての研究が精力的に行われている。
citreofuranの合成[1] rcam_3.gif
ニトリル-アルキン間のクロスメタセシス反応[2] rcam_6.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Fürstner, A.; Castanet, A.-S.; Radkowski, K.; Lehmann, C. W. J. Org. Chem. 200368, 1521. DOI: 10.1021/jo026686q

[2] Geyer, A. M.; Gdula, R. L.; Wiedner, E. S.; Johnson, M. J. A. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129. 3800. doi:10.1021/ja0693439

 

関連反応

 

 

関連書籍

 

関連試薬

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  2. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  3. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  4. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  5. 鋳型合成 Templated Synthesis
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  8. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依 良治 Ryoji Noyori
  2. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  3. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications
  4. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  5. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  6. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction
  7. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  8. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction
  9. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  10. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP