[スポンサーリンク]


リチウム

  1. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

    日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) 2019 年6 月20 日】 欧州特許庁(The European Patent Office 、以下EPO)は、旭化成株式会社の吉野彰氏が…

  2. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

    5月7日、欧州特許庁は、リチウムイオン電池を発明した旭化成株式会社の吉野彰(よしのあきら)氏が201…

  3. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

    (さらに…)…

  4. リチウムイオン電池のはなし~1~

    Tshozoです。 電池も化学、ということで少し背伸びをして電池のことを。まず最初ということで、ノー…

  5. 水島 公一 Koichi Mizushima

    水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日-)は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサ…

  6. バーチ還元 Birch Reduction

  7. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  2. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  3. クリックケミストリー / Click chemistry
  4. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  5. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  7. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1

注目情報

最新記事

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

PAGE TOP