[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・フェール George Feher

[スポンサーリンク]

 

ジョージ・フェール(George Feher、1924年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(写真:Wolf Foundation)。

経歴

1924年チェコスロバキア生まれ。
1954 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1954-60 ベル研究所
1960 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授

 

受賞歴

1976 American Physical Society, Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize
2006 ウルフ賞(化学部門)

 

研究概要

光合成中心の構造解析および分光学的手法をもちいる駆動原理の解明

Geroge_Feher_2.png

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Feher, G.  Photosynthesis Research 1988, 55, 1. [PDF]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  2. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  3. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  4. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  5. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  6. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  7. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  8. パット・ブラウン Patrick O. Brown

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  2. 目指せ!! SciFinderマイスター
  3. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  4. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  5. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  6. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  7. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  8. 入江 正浩 Masahiro Irie
  9. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  10. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP