[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・フェール George Feher

[スポンサーリンク]

 

ジョージ・フェール(George Feher、1924年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(写真:Wolf Foundation)。

経歴

1924年チェコスロバキア生まれ。
1954 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1954-60 ベル研究所
1960 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授

 

受賞歴

1976 American Physical Society, Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize
2006 ウルフ賞(化学部門)

 

研究概要

光合成中心の構造解析および分光学的手法をもちいる駆動原理の解明

Geroge_Feher_2.png

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Feher, G.  Photosynthesis Research 1988, 55, 1. [PDF]

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 吉野 彰 Akira Yoshino
  2. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  3. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  4. ベン・シェンBen Shen
  5. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  6. 中村 修二 Shuji Nakamura
  7. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  8. アロイ・フュルストナー Alois Furstner

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  2. 原子量に捧げる詩
  3. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに
  4. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. アルミニウムで水素分子を活性化する
  7. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  8. フィル・バラン Phil S. Baran
  9. 研究室での英語【Part 2】
  10. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

第78回の海外化学者インタビューは、ジュディ・キム教授です。カリフォルニア大学サンディエゴ校 化学・…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP