[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・フェール George Feher

 

ジョージ・フェール(George Feher、1924年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(写真:Wolf Foundation)。

経歴

1924年チェコスロバキア生まれ。
1954 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1954-60 ベル研究所
1960 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授

 

受賞歴

1976 American Physical Society, Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize
2006 ウルフ賞(化学部門)

 

研究概要

光合成中心の構造解析および分光学的手法をもちいる駆動原理の解明

Geroge_Feher_2.png

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Feher, G.  Photosynthesis Research 1988, 55, 1. [PDF]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  2. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  3. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  4. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  5. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  6. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  7. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…
  8. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2007年度イグノーベル賞決定
  2. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  3. 分子光化学の原理
  4. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  5. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ
  6. 研究室での英語【Part 2】
  7. 指向性進化法 Directed Evolution
  8. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  9. 大学入試のあれこれ ①
  10. カブトガニの血液が人類を救う

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP