[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

水島 公一 Koichi Mizushima

水島 公一(みずしま こういち、1941年1月30日は日本の物理学者、材料化学者である。東芝リサーチコンサルティング シニアフェロー。(写真:世界で貢献した日本人

経歴

1964 東京大学 理学部物理学科 卒業
1969 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 博士課程修了(理学博士)
1969 東京大学理学部物理学科 助手
1977-1979 オックスフォード大学 無機化学研究所 研究員(John B. Goodenough教授)
1982 東芝 入社

受賞歴

1999 加藤記念賞
2007 応用物理学会フェロー

研究概要

リチウムイオン二次電池に適した正極材料の発見

1979年、グッドイナフ研で研究をしていた水島は、リチウムイオンを吸収・放出するリチウムコバルト酸化物(LixCoO2)が電池陽極として活用可能であることを示した[1]。これがリチウムイオン電池の技術的土台となり、後にSONYによって市販されるに至った。長寿命・大容量・軽量・小型・メモリ効果の無いリチウムイオンバッテリーは、今日では携帯電話・デジタルカメラ・ハンディビデオ・ラップトップPCなど、様々なポータブル電子機器に搭載されている。

関連論文

  1. “LixCoO2 (0<x<-1): A new cathode material for batteries of high energy density” Mizushima, K.; Jones, P. C.; Wiseman, P.J.; Goodenough, J. B. Materials Research Bulletin 1980, 15, 783.

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  2. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  3. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  4. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  5. トビン・マークス Tobin J. Marks
  6. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  7. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  8. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  2. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  3. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  4. 不安定な合成中間体がみえる?
  5. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  6. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  7. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  8. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  9. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法
  10. 肩こりにはラベンダーを

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP