[スポンサーリンク]


予想

  1. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    個人的に長期間海外と集中講義で外出しており、発表遅くなりましてごめんなさい。2023年ノーベル化学賞が発表されました。「量子ドットの発見と合成」。すべての受賞者を当てることはできませんでしたが、受賞対象はバッチリ…

  2. SNS予想で盛り上がれ!2023年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしもいよいよ、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月4日(水) 18時45…

  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2023年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  4. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  6. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

  8. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

  10. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  11. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  12. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

  13. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  14. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  15. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

  16. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced:高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  2. 化学装置~化学業界のリーディングマガジン~
  3. EUで化学物質規制のREACHが施行
  4. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  5. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  6. 韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について
  7. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

PAGE TOP