[スポンサーリンク]


予想

  1. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    個人的に長期間海外と集中講義で外出しており、発表遅くなりましてごめんなさい。2023年ノーベル化学賞が発表されました。「量子ドットの発見と合成」。すべての受賞者を当てることはできませんでしたが、受賞対象はバッチリ…

  2. SNS予想で盛り上がれ!2023年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしもいよいよ、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月4日(水) 18時45…

  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2023年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  4. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  6. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

  8. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

  10. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  11. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  12. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

  13. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  14. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  15. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

  16. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 既存の石油設備を活用してCO2フリー水素を製造、ENEOSが実証へ
  2. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  3. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  4. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  5. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  6. 免疫(第6版): からだを護る不思議なしくみ
  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP