[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年4月号がオンライン公開されました。

世の中大変なことになってきました。化学に関わることのできる日々の大切さが、こういうときによくわかります。

有機合成化学協会誌、今月号も盛りだくさんの内容となっています。キーワードは、「神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン」です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:「時の流れ」の速さに想う

今月号は岡山大学副学長・大学院自然科学研究科 菅 誠治 教授による巻頭言です。

菅先生による本巻頭言の、「何事も心をこめてやること」というキーワードにハッとさせられました。オープンアクセスです。

神経活性化合物の開発を可能にしたsp3骨格のハイブリッド戦略

及川雅人*、塚本俊太郎、諸熊賢治、入江 樂、生駒 実

横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科

天然物であるダイシハーベインやカイニン酸に見られるグルタミン酸由来構造をモチーフとし、ハイブリッド戦略によって神経活性化合物を創製した。多様性指向型のドミノメタセシス反応をはじめ合成化学の力で人工的に創り出した化合物が、天然物にない神経活性を示した点がとても興味深い内容です。

有機分子の潜在的反応性を活用した高次構造天然物の全合成研究

安藤吉勇*

2017年度有機合成化学奨励賞受賞

*東京工業大学理学院化学系

天然物の全合成研究においてはしばしば予期せぬ反応に遭遇するが、それを活用するか見過ごすかは研究者次第である。筆者らはナフトキノン化合物において見出された予期せぬ酸化還元反応を巧みに利用し、スピロキシンやエンゲルハーキノンなどの複雑天然物の全合成を達成している。

2価のパラジウム触媒を用いるエーテル環の立体選択的構築とポリエーテル系天然物Yessotoxin合成への応用

横山 初*、宮澤眞宏*

富山大学理学系学術研究部

パラジウム触媒を用いたアリルアルコールの環化反応により、梯子状ポリエーテル系の部分構造を効率的に構築する方法論の開発について詳しく述べられています。本法を繰り返し用いることで、巨大分子Yessotoxinを合成するための挑戦的な試みについても述べられています。ぜひご一読ください。

電子豊富な二核ルテニウム錯体を触媒としたピリジンおよび環状アミンの変換反応

高尾俊郎*

東京工業大学物質理工学院

筆者らが長年に渡り取り組んできた二核ルテニウム錯体上での特異な触媒反応の開発について紹介したものである。ピリジン誘導体の脱水素型二量化によるビピリジン誘導体合成と環状アミンと水との反応によるラクタム合成について反応機構に関する知見を踏まえて詳細に解説している。

多点認識型含窒素複素環カルベンの開発と触媒的不斉反応への展開

添田貴宏*、宇梶 裕*

金沢大学理工研究域

複素環状カルベン (NHC) は、金属錯体の配位子としてだけでなく、有機触媒としても近年世界中で活発に研究されています。本稿では筆者らの新たな発想に基づくピリジン含有型トリアゾリウム塩・ピリジン含有型イミダゾリウム塩の創製、それらの有機触媒反応と金属触媒反応への応用が解説されています。1度で2度美味しい研究展開の妙をぜひご一読ください。

Rebut de Debut

今月号のRebut de Debutはなんと件あります。オープンアクセスですのでぜひごらんください。

シンコナアルカロイド合成の新展開 (Université de Rouen Normandie, IRCOF)阿部将大

高度縮合多環式骨格を有するCalyciphylline A型アルカロイドの全合成 (東北大学大学院薬学研究科)笹野裕介

リグニンの脱重合による高付加価値な芳香族化合物生産の試み (九州大学大学院農学研究院)鹿又喬平

Strychnineの全合成研究の近年の進展 (京都薬科大学大学院薬学研究科)松本卓也

Message from Young Principal Researcher (MyPR):思考の現実化と鈍感力

今月号はMyPRがあります!横浜薬科大学薬学部 庄司 満 教授による寄稿記事です。

庄司 満 教授

庄司先生のお話はケムステ代表からよく伺っていましたが、今回MyPRで詳しく知れて、その経歴のユニークさに驚きました。臨場感あふれる記事がオープンアクセスです。

感動の瞬間:さまざまなことを契機とした研究変遷

今月号の感動の瞬間は、香川高等専門学校・校長,大阪大学産業科学研究所・招へい教授安蘇 芳雄 教授による寄稿記事です。

構造有機化学・機能有機化学の分野のレジェンドによる寄稿記事、感動の瞬間です。オープンアクセスです。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

ゆうき

めぐ

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポ…
  2. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞…
  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  4. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解銅めっき編~
  5. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  6. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?
  7. シビれる(T T)アジリジン合成
  8. ケムステイブニングミキサー2015を終えて

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  2. 1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる
  3. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  4. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  5. 岸 義人 Yoshito Kishi
  6. コープ脱離 Cope Elimination
  7. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  8. 畠山琢次 Takuji Hatakeyama
  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  10. フタロシアニン phthalocyanine

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP