[スポンサーリンク]


可視光酸化還元触媒

  1. ダニエル レオノリ Daniele Leonori

    ダニエル レオノリ (Daniele Leonori、1982年XX月X日 (イタリア生)–)はドイツの有機化学者である。ドイツアーヘン工科大学教授経歴2007–2010 シェフィールド大学 博士号取得 (I. Coldham教授)…

  2. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  3. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

    可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

  4. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

    単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

  5. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

    イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

  6. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  7. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  8. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  2. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編
  4. まず励起せんと(EnT)!光触媒で環構築
  5. ルイス酸/塩基でケイ素を操る!シリレンの原子価互変異性化
  6. 複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明
  7. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

注目情報

最新記事

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

PAGE TOP