[スポンサーリンク]


固相合成

  1. カイザーテスト Kaiser Test

    概要ペプチド固相合成における縮合反応が完全に進行しないと、最終物として様々な鎖長のペプチドが混合物として得られてくるため、精製が極めて困難となる。ほぼ100%の収率で進行させることを目的に、固相上の縮合反応を簡便にモニターできる…

  2. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

  3. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

    マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチド固相合成法とフロー合…

  4. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

  5. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

    バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

  6. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  7. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  8. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第4回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ
  2. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  3. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  4. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  5. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi
  6. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  7. LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

注目情報

最新記事

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

PAGE TOP