[スポンサーリンク]


固相合成

  1. カイザーテスト Kaiser Test

    概要ペプチド固相合成における縮合反応が完全に進行しないと、最終物として様々な鎖長のペプチドが混合物として得られてくるため、精製が極めて困難となる。ほぼ100%の収率で進行させることを目的に、固相上の縮合反応を簡便にモニターできる…

  2. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

  3. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

    マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチド固相合成法とフロー合…

  4. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

  5. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

    バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

  6. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  7. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  8. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」
  2. ヒューマンエラーを防ぐ知恵 増補版: ミスはなくなるか
  3. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  4. ベーシック反応工学
  5. マテリアルズ・インフォマティクスのためのSaaS miHub活用方法-研究開発を効率化する特徴的な機能を紹介-
  6. 二酸化炭素をはきだして♪
  7. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP