[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

 

対象

ペプチドに特化した合成化学・創薬化学の先端研究、とりわけ日本発の代表的成果を知りたい研究者

概要・解説

固相合成法ネイティブ・ケミカル・リゲーションという2大ブレイクスルーを経て以来、ペプチドの合成化学は多方面へ幅広く展開を見せている。

本書はペプチド合成化学、および創薬化学への応用を広範囲にわたってまとめ上げた日本語書籍である。

とくに2012年までの日本発の第一線研究が、網羅的にまとめられている点に価値を感じる。

また他分野の研究者向けにも配慮があり、ペプチド合成になじみのなかった筆者としては、第1章の「Fmoc型固相ペプチド合成の基礎」こそが、固相合成法の基礎をつかむに大変有益な内容であった。

このようなトピック枠での日本語書物は貴重である。ペプチド合成を始めたばかりの研究者のとっかかりとしても、良い書籍だと思える。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Medical Gases: Production, Appli…
  2. 有機スペクトル解析ワークブック
  3. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  4. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  5. 有機化学命名法
  6. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  7. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  8. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性マグネシウム
  2. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  3. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  4. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  5. ノッド因子 (Nod factor)
  6. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  8. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー
  9. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  10. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP