[スポンサーリンク]

キャンペーン

ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!

[スポンサーリンク]

 

化学の研究者が1年に1度集まる日本化学会年会。もう間近に迫ってきましたね。年会のホームページではすでに掲載されていますが、今年も若手研究者の交流のため年会3日目にイブニングミキサーを開催します。

 

Chem-Station(ケムステ)イブニングミキサー

日時: 3 月 26 日 (土) 18 時 ~ 20 時
会場:同志社大学 京田辺キャンパス内 「京田辺 Cafeteria」 (食堂・購買棟 2階)

参加費:無料(※飲物は参加者が購入するスタイル)

申込方法:年会参加者はどなたでも参加できます。参加登録はこちら。当日の飛び入り参加もご歓迎!
問合せ先:日本化学会 企画部 年会係 電話(03)3292-6163  E-mail: nenkai@chemistry.or.jp

 

どのようなことを目的にしているのですか?

若手研究者のための交流会です。

3年前、ケムステ代表が当時の玉尾会長、渡辺日本化学会実行委員長との対談で、玉尾会長から「若い人や海外の研究者が知り合う場をつくってほしい」という提案がありました。

日本化学会の懇親会は”大人の”会であることから、なかなか学生や若手研究者が参加することができません。そのため、同時間で若い研究者のために交流できるような場を提供することを目的としています。

 

参加資格は?

特に制限はありません!敢えて言いますと、日本化学会の懇親会と同時間に行うため、懇親会に参加の方は参加することができません。

それ以外の方はどなたでも問題ありません。幅広い世代の方に参加していただければと思います。

 

どんなことをやるの?

基本的には交流を深めてもらうことを目的にしているため、プログラムは用意していません。

会場には飲み物と、200人分ほどの立食型式の食事を用意しています(食事代は無料です)。

入り口で、チャージ代(1ドリンク100円)を払って頂いて、会場に入り、開始の挨拶と同時に、食べるのもよし、周りの人と交流するのもよし、なんでもありです。もちろん仲間ができたらすぐに外に飲みに行っても構いません。むしろそれを促進する会だと思ってください。どんどん途中で居なくなってくれることを期待しています。会場には数社のこのミキサー専用の付設展示会も用意しています。

 

どうやって参加すればいいの?

冒頭に記載したとおり、参加は当日からでも可能です。ただ、できるだけ参加登録をお願いします(食事と飲み物の見積のため)。参加登録にはFacebookアカウントが必要です。

 

1. 参加登録ページに移動する

 

2. 下図の赤枠の「参加する」をクリックする。

2016-03-14_08-18-30

 

それだけです。参加するかも?参加できないけど興味がある!という人は「興味あり」をクリックしてください。

友人等を招待していただけると幸いです。大学教員の皆様はぜひ学生や海外から来ている研究者の方も誘ってご参加ください。

 

参加登録はなぜ必要なの?

食事と飲み物の用意のためです。できるだけ事前に参加人数の目安が知っていたほうが、臨機応変に対応できるからです(当日の食事の追加や飲み物の対応など)。出来る限りお願い致します。会場に入りきらず、参加申込多数の場合、参加登録なしでの当日の入場を制限する可能性があります

 

参加するメリットは?

1. 会場の中心にある懇親会会場

2. 知らない多分野、同年代の研究者と仲良くなれる

3. 無料で腹ごしらえができる、安くすぐに飲める。

5. 特設の付設展示会に参加できる

と学生に優しいスタイルとなっています。

 

どんな雰囲気?

昨年と一昨年の雰囲気を知りたい場合には以下のページを御覧ください。

 

共催・協賛

本会は日本化学会との共催企画です。この場を借りて御礼申し上げます。

また以下の企業様にサポートいただいています。この場をお借りいたしまして感謝申し上げます(まだまだ募集しておりますので、検討中の方ではお気軽に御連絡ください)。【追記 3月18日 和光純薬工業様が加わりました。】

 

それでは皆さん是非是非ご参加ください!お待ちしております。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 磁力で生体触媒反応を制御する
  2. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  3. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  4. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公…
  5. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  6. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる…
  7. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への…
  8. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成
  2. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  3. 菅裕明 Hiroaki Suga
  4. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに
  5. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  6. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  7. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  8. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  9. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応
  10. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP