[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  2. ジアゾカップリング diazocoupling
  3. ネバー転位 Neber Rearrangement
  4. ブラン環化 Blanc Cyclization
  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  6. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  7. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts A…
  8. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  2. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  3. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  4. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  5. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  6. 輸出貿易管理令
  7. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  8. 高峰公園
  9. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  10. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP