[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  2. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  3. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  4. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  5. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  6. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  7. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  8. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  2. 中村 修二 Shuji Nakamura
  3. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2
  4. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」
  6. 史上最強の塩基が合成される
  7. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  8. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  9. カルベンで挟む!
  10. 掟破り酵素の仕組みを解く

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP