[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  2. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  3. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  4. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  5. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  6. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  7. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  8. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  2. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis
  3. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  4. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  5. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  6. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  7. はじめての研究生活マニュアル
  8. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  9. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー
  10. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP