[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  2. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  3. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  4. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  5. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  6. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  7. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  8. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メバスタチン /Mevastatin
  2. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism
  3. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  4. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  5. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  6. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  7. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  8. 有機スペクトル解析ワークブック
  9. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  10. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン

2020年卒の大学三年生と修士一年生の志望業界のトップは「医薬品・医療関連・化粧品」(18.5%)。…

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

PAGE TOP