[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ライセルト反応 Reissert Reaction
  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  4. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  5. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  6. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  7. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  8. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  2. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  3. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  4. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!
  5. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  6. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  7. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  8. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より
  9. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  10. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP