[スポンサーリンク]


安全

  1. ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

    化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手に有機溶媒がかかったときは、ただちに手袋を外して手を洗浄し、新しい手袋を着用することが望ましいです。はじめにみなさん、実験する際の保…

  2. ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

    COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

  3. 実験メガネを15種類試してみた

    年末も近く今年をよい年に終わらせるために頑張って化学実験に勤しんでいる人は多いと…

  4. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』

    今回紹介する書籍『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』は以前に取り上げた『I…

  5. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律

    2010年も半分が過ぎました。7月1日はそんな一年の後半初日ですが、1995年にPL法(製造物責…

  6. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 君には電子のワルツが見えるかな
  2. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授
  3. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  6. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  7. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP