[スポンサーリンク]

化学一般

実験室の笑える?笑えない!事故実例集

 

内容

本書は、有機化学を志す学生たち、特に、卒業研究を始める学部生から大学院生を対象として、誤った実験法によって事故を起こさないようにと、逆説的に「失敗を糧にして」正しい実験法を導き出そうと企画したものです。闇から闇へ葬り去られていた実験室の失敗・事故例。イラストや図版をたっぷり入れて紹介します。

対象

有機化学を学ぶすべての人、とくに有機化学を志す学部生~大学院生

 

評価・解説

誰にでもある有機化学の実験上での失敗・・・。これを面白おかしく(?)まとめたのが本書。中には本当に危険な事例も少なくないと思うので、本書の内容を危険度感覚の基準にするのはオススメできませんが、「あるある」「あーそうかぁ」などと思いながら、気楽な読み物として読むには良いでしょう。とはいえ、しっかり原因もかいてあるので勉強になる箇所もあり、なかなか面白いです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  2. The Merck Index: An Encyclopedia…
  3. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  4. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  5. 化学オリンピック完全ガイド
  6. 医薬品のプロセス化学
  7. 植物たちの静かな戦い
  8. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エレクトロクロミズム Electrochromism
  2. 加熱✕情熱!マイクロ波合成装置「ミューリアクター」四国計測工業
  3. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)
  4. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる
  5. ハートウィグ有機遷移金属化学
  6. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  7. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  8. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  9. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  10. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP