[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)

tetrodotoxin_1.gif

 テトロドトキシン(tetrodotoxin:TTX)は、海産性毒物の一種である。フグ毒の主成分として知られている。

  • 歴史・用途

 東京帝国大学の田原良純教授によってフグから抽出され、フグの学名(Tetradontidae)と毒(Toxin)からTetrodotoxin(TTXと略称される)と名付けられました。

 その毒性は青酸カリの数百倍以上とされる猛毒です。神経細胞などに存在するナトリウムチャネルに強く結合し、働きを阻害することで麻痺を引き起こします。

 実験室内で養殖したフグは無毒であり、またフグ餌の海藻に付着する細菌からTTXが検出されるという事実から、「TTXは生物濃縮によってフグの体内に蓄積する」という説が受け入れられています。フグ自身は、蓄積したTTXを捕食を免れるための防御物質として活用しているようです。他方、フグはどうして自らのTTXで中毒しないのか、という疑問についての回答は、フグの持つナトリウムチャネルの構造が他の生物と違っているためTTXが結合しないから、とされています。

 フグ毒化学の発展には単離(田原良純)・構造決定(平田義正・津田恭介)・化学合成(岸義人・磯部稔)いずれの分野でも、日本人化学者が大きな貢献をしています。これについては数々のドラマが知られていますので、参考文献を是非ご参照ください。

  • 関連書籍
成山堂書店
塩見 一雄(著)長島 裕二(著)
発売日:2000-10
ランキング:1084334
日本放送出版協会
野口 玉雄(著)
発売日:1996-05
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:75220
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 海洋生物の毒について幅広く書かれた書
裳華房
清水 潮(著)
発売日:1989-07
ランキング:711981

 

  • 関連リンク

テトロドトキシン (Wikipedia日本)

Tetorodotoxin (Wikipedia)

Synthesis of (-)-Tetrodotoxin (organic-chemistry.org)

フグ毒「テトロドトキシン」を合成

フグ毒

海産物の毒(有機化学美術館)

河豚 (有機って面白いよね!) 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamiv…
  2. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  3. ペラミビル / Peramivir
  4. アデノシン /adenosine
  5. アントシアニン / anthocyanin
  6. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)…
  7. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  8. アスピリン あすぴりん aspirin 

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グリーンケミストリー Green Chemistry
  2. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  3. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  4. 金属を使わない触媒的水素化
  5. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  6. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!
  7. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  8. アカデミックの世界は理不尽か?
  9. 韮山反射炉
  10. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第xxx回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

PAGE TOP