[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)

tetrodotoxin_1.gif

 テトロドトキシン(tetrodotoxin:TTX)は、海産性毒物の一種である。フグ毒の主成分として知られている。

  • 歴史・用途

 東京帝国大学の田原良純教授によってフグから抽出され、フグの学名(Tetradontidae)と毒(Toxin)からTetrodotoxin(TTXと略称される)と名付けられました。

 その毒性は青酸カリの数百倍以上とされる猛毒です。神経細胞などに存在するナトリウムチャネルに強く結合し、働きを阻害することで麻痺を引き起こします。

 実験室内で養殖したフグは無毒であり、またフグ餌の海藻に付着する細菌からTTXが検出されるという事実から、「TTXは生物濃縮によってフグの体内に蓄積する」という説が受け入れられています。フグ自身は、蓄積したTTXを捕食を免れるための防御物質として活用しているようです。他方、フグはどうして自らのTTXで中毒しないのか、という疑問についての回答は、フグの持つナトリウムチャネルの構造が他の生物と違っているためTTXが結合しないから、とされています。

 フグ毒化学の発展には単離(田原良純)・構造決定(平田義正・津田恭介)・化学合成(岸義人・磯部稔)いずれの分野でも、日本人化学者が大きな貢献をしています。これについては数々のドラマが知られていますので、参考文献を是非ご参照ください。

  • 関連書籍
成山堂書店
塩見 一雄(著)長島 裕二(著)
発売日:2000-10
ランキング:1084334
日本放送出版協会
野口 玉雄(著)
発売日:1996-05
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:75220
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 海洋生物の毒について幅広く書かれた書
裳華房
清水 潮(著)
発売日:1989-07
ランキング:711981

 

  • 関連リンク

テトロドトキシン (Wikipedia日本)

Tetorodotoxin (Wikipedia)

Synthesis of (-)-Tetrodotoxin (organic-chemistry.org)

フグ毒「テトロドトキシン」を合成

フグ毒

海産物の毒(有機化学美術館)

河豚 (有機って面白いよね!) 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トリメチルアルミニウム trimethylalminum
  2. プラテンシマイシン /platensimycin
  3. カルボラン carborane
  4. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  5. シコニン
  6. メバスタチン /Mevastatin
  7. キニーネ きにーね quinine
  8. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphth…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group
  2. アミロイド線維を触媒に応用する
  3. 高分子の合成(上)(下)
  4. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis
  5. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  6. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  7. 有機化学美術館が来てくれました
  8. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  9. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)
  10. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP