[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)

[スポンサーリンク]

tetrodotoxin_1.gif

 テトロドトキシン(tetrodotoxin:TTX)は、海産性毒物の一種である。フグ毒の主成分として知られている。

  • 歴史・用途

 東京帝国大学の田原良純教授によってフグから抽出され、フグの学名(Tetradontidae)と毒(Toxin)からTetrodotoxin(TTXと略称される)と名付けられました。

 その毒性は青酸カリの数百倍以上とされる猛毒です。神経細胞などに存在するナトリウムチャネルに強く結合し、働きを阻害することで麻痺を引き起こします。

 実験室内で養殖したフグは無毒であり、またフグ餌の海藻に付着する細菌からTTXが検出されるという事実から、「TTXは生物濃縮によってフグの体内に蓄積する」という説が受け入れられています。フグ自身は、蓄積したTTXを捕食を免れるための防御物質として活用しているようです。他方、フグはどうして自らのTTXで中毒しないのか、という疑問についての回答は、フグの持つナトリウムチャネルの構造が他の生物と違っているためTTXが結合しないから、とされています。

 フグ毒化学の発展には単離(田原良純)・構造決定(平田義正・津田恭介)・化学合成(岸義人・磯部稔)いずれの分野でも、日本人化学者が大きな貢献をしています。これについては数々のドラマが知られていますので、参考文献を是非ご参照ください。

  • 関連書籍
成山堂書店
塩見 一雄(著)長島 裕二(著)
発売日:2000-10
ランキング:1084334
日本放送出版協会
野口 玉雄(著)
発売日:1996-05
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:75220
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 海洋生物の毒について幅広く書かれた書
裳華房
清水 潮(著)
発売日:1989-07
ランキング:711981

 

  • 関連リンク

テトロドトキシン (Wikipedia日本)

Tetorodotoxin (Wikipedia)

Synthesis of (-)-Tetrodotoxin (organic-chemistry.org)

フグ毒「テトロドトキシン」を合成

フグ毒

海産物の毒(有機化学美術館)

河豚 (有機って面白いよね!) 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  2. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  3. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)…
  4. ブレオマイシン /Bleomycin
  5. カリオフィレン /caryophyllene
  6. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  7. メバスタチン /Mevastatin
  8. シアノスター Cyanostar

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.2]オクタン付加物 : Bis(trimethylaluminum)-1,4-diazabicyclo[2.2.2]octane Adduct
  2. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版
  3. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  4. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1
  5. ジアゾメタン diazomethane
  6. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  7. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  8. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  9. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  10. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP