[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)

[スポンサーリンク]

tetrodotoxin_1.gif

 テトロドトキシン(tetrodotoxin:TTX)は、海産性毒物の一種である。フグ毒の主成分として知られている。

  • 歴史・用途

 東京帝国大学の田原良純教授によってフグから抽出され、フグの学名(Tetradontidae)と毒(Toxin)からTetrodotoxin(TTXと略称される)と名付けられました。

 その毒性は青酸カリの数百倍以上とされる猛毒です。神経細胞などに存在するナトリウムチャネルに強く結合し、働きを阻害することで麻痺を引き起こします。

 実験室内で養殖したフグは無毒であり、またフグ餌の海藻に付着する細菌からTTXが検出されるという事実から、「TTXは生物濃縮によってフグの体内に蓄積する」という説が受け入れられています。フグ自身は、蓄積したTTXを捕食を免れるための防御物質として活用しているようです。他方、フグはどうして自らのTTXで中毒しないのか、という疑問についての回答は、フグの持つナトリウムチャネルの構造が他の生物と違っているためTTXが結合しないから、とされています。

 フグ毒化学の発展には単離(田原良純)・構造決定(平田義正・津田恭介)・化学合成(岸義人・磯部稔)いずれの分野でも、日本人化学者が大きな貢献をしています。これについては数々のドラマが知られていますので、参考文献を是非ご参照ください。

  • 関連書籍
成山堂書店
塩見 一雄(著)長島 裕二(著)
発売日:2000-10
ランキング:1084334
日本放送出版協会
野口 玉雄(著)
発売日:1996-05
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:75220
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 海洋生物の毒について幅広く書かれた書
裳華房
清水 潮(著)
発売日:1989-07
ランキング:711981

 

  • 関連リンク

テトロドトキシン (Wikipedia日本)

Tetorodotoxin (Wikipedia)

Synthesis of (-)-Tetrodotoxin (organic-chemistry.org)

フグ毒「テトロドトキシン」を合成

フグ毒

海産物の毒(有機化学美術館)

河豚 (有機って面白いよね!) 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アスタキサンチン (astaxanthin)
  2. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamiv…
  3. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  4. ペンタレネン Pentalenene
  5. グルコース (glucose)
  6. カンプトテシン /camptothecin
  7. IGZO
  8. カルボラン carborane

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  2. アライン種の新しい発生法
  3. スマホページをリニューアルしました
  4. 「ラブ・ケミストリー」の著者にインタビューしました。
  5. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  6. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語
  7. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  8. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  9. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  10. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP