[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)

[スポンサーリンク]

tetrodotoxin_1.gif

 テトロドトキシン(tetrodotoxin:TTX)は、海産性毒物の一種である。フグ毒の主成分として知られている。

  • 歴史・用途

 東京帝国大学の田原良純教授によってフグから抽出され、フグの学名(Tetradontidae)と毒(Toxin)からTetrodotoxin(TTXと略称される)と名付けられました。

 その毒性は青酸カリの数百倍以上とされる猛毒です。神経細胞などに存在するナトリウムチャネルに強く結合し、働きを阻害することで麻痺を引き起こします。

 実験室内で養殖したフグは無毒であり、またフグ餌の海藻に付着する細菌からTTXが検出されるという事実から、「TTXは生物濃縮によってフグの体内に蓄積する」という説が受け入れられています。フグ自身は、蓄積したTTXを捕食を免れるための防御物質として活用しているようです。他方、フグはどうして自らのTTXで中毒しないのか、という疑問についての回答は、フグの持つナトリウムチャネルの構造が他の生物と違っているためTTXが結合しないから、とされています。

 フグ毒化学の発展には単離(田原良純)・構造決定(平田義正・津田恭介)・化学合成(岸義人・磯部稔)いずれの分野でも、日本人化学者が大きな貢献をしています。これについては数々のドラマが知られていますので、参考文献を是非ご参照ください。

  • 関連書籍
成山堂書店
塩見 一雄(著)長島 裕二(著)
発売日:2000-10
ランキング:1084334
日本放送出版協会
野口 玉雄(著)
発売日:1996-05
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:75220
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 海洋生物の毒について幅広く書かれた書
裳華房
清水 潮(著)
発売日:1989-07
ランキング:711981

 

  • 関連リンク

テトロドトキシン (Wikipedia日本)

Tetorodotoxin (Wikipedia)

Synthesis of (-)-Tetrodotoxin (organic-chemistry.org)

フグ毒「テトロドトキシン」を合成

フグ毒

海産物の毒(有機化学美術館)

河豚 (有機って面白いよね!) 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Pro…
  2. ギ酸 (formic acid)
  3. シアノスター Cyanostar
  4. カプロラクタム (caprolactam)
  5. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  6. バイアグラ /viagra
  7. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  8. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  2. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  3. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  4. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  5. Arcutine類の全合成
  6. 工程フローからみた「どんな会社が?」~OLED関連
  7. 2010年イグノーベル賞決定!
  8. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  9. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡
  10. 分子構造を 3D で観察しよう (1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP