[スポンサーリンク]


有機合成反応

  1. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

    イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置選択性の高い合成法である。イミデートラジカルを用いたβ-アミノアルコール合成 β-アミノアルコールは天然物や医農薬に頻出する重要骨格…

  2. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで…

  3. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

    拡張Pummerer反応として、 -シグマトロピー転位を経由するアリールスルホキシドとフェノール類と…

  4. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる

    α位に異なる二つの置換基をもつエノラートは、カルボニル化合物やイミン等の求電子剤…

  5. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応

    ヨウ素は容易に酸化されて原子価を拡張し、オクテット則を超える超原子価ヨウ素を形成します。高い…

  6. Practical Functional Group Synthesis

  7. イミンを求核剤として反応させる触媒反応

  8. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  2. 書物から学ぶ有機化学4
  3. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  4. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  5. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  6. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  7. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP