[スポンサーリンク]

archives

塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride

インジウム触媒によるニトリルの水和反応

Kimらは,インジウム触媒を用いたニトリルの水和反応によるアミド合成を報告しています。それによれば,水のかわりにアセトアルドキシムを用い,触媒量のInCl3の存在下でニトリルと反応させることにより,高収率でアミドを得ることができます。また,この反応を応用することにより,アルドキシムからアミドへのワンポット合成も可能です。

“An efficient InCl3-catalyzed hydration of nitriles to amides: acetaldoxime as an effective water surrogate”

E. S. Kim, H. S. Lee, S. H. Kim, J. N. Kim, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 1589. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.01.063

1-s2.0-S0040403910001115-fx1

An efficient InCl3-catalyzed hydration protocol of nitriles to amides was developed. The reaction was carried out in toluene at refluxing temperature with the aid of acetaldoxime as an effective water surrogate to produce amides in high yields.

 

関連記事

  1. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  2. (-)-MTPA-Cl
  3. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  4. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  5. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  6. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  7. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  8. ジボラン(diborane)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー
  2. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  4. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  5. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  6. SDFって何?~化合物の表記法~
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  8. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  9. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  10. ブートキャンプ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP