[スポンサーリンク]

archives

塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride

インジウム触媒によるニトリルの水和反応

Kimらは,インジウム触媒を用いたニトリルの水和反応によるアミド合成を報告しています。それによれば,水のかわりにアセトアルドキシムを用い,触媒量のInCl3の存在下でニトリルと反応させることにより,高収率でアミドを得ることができます。また,この反応を応用することにより,アルドキシムからアミドへのワンポット合成も可能です。

“An efficient InCl3-catalyzed hydration of nitriles to amides: acetaldoxime as an effective water surrogate”

E. S. Kim, H. S. Lee, S. H. Kim, J. N. Kim, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 1589. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.01.063

1-s2.0-S0040403910001115-fx1

An efficient InCl3-catalyzed hydration protocol of nitriles to amides was developed. The reaction was carried out in toluene at refluxing temperature with the aid of acetaldoxime as an effective water surrogate to produce amides in high yields.

 

関連記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  2. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  3. pre-ELM-11
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  6. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  8. 不斉配位子

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  2. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  3. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  4. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  5. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  6. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  8. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)
  9. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発
  10. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP