[スポンサーリンク]

B

ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-ケト酸とヒドロキシルアミンを混合するだけでペプチド(アミド)結合が合成できる。

穏和な条件で進行し、官能基選択性も高い。非常に簡便で、廃棄物も除去容易で無害な二酸化炭素と水のみ、というクリーンな反応である。

無保護のアミンやカルボン酸が共存していても選択的に反応が進行することが特徴である。ペプチド合成においてしばしば問題になるα-エピ化もかなり起こりにくい。

基本文献

・Bode, J. W.; Fox, R. M.; Baucom, K. D. Angew. Chem. Int. Ed. 2006, 45, 1248. doi:10.1002/anie.200503991

<review>
・ Harmand, T. J. R.; Murar, C. E.; Bode, J. W. Curr. Opin. Chem. Biol. 2014, 22, 115. DOI: 10.1016/j.cbpa.2014.09.032

開発の歴史

2006年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校のJeffery Bode(現在:スイス工科大学)によって報告された。 α-Ketoacid-Hydroxylamine (KAHA) Ligationとも呼ばれる。

Jeffrey W. Bode

Jeffrey W. Bode

 

反応機構

18O標識による結果から以下の様に推定されている。(参考:Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 513.)

bode_peptide_3

反応例

無保護のアミン・カルボン酸存在下でのペプチド合成例
topic_peptide_4.gif
キラルなオキサゾリジン誘導体を用いる連続的β-ペプチド合成
bode_peptide_5.gif

ペプチドケト酸の調製法[2]:シアノチオイリドを酸化することで、アミノ酸単位から簡便に調製できる。固相担持で合成することも可能[3]。

KAHA_ligation_7

ペプチドヒドロキシルアミンの調製法[4]: 酸化体をニトロンとして捕捉することで過剰酸化を防げる設計の酸化剤を用いることで、直接合成が行える。

KAHA_ligation_8

実験手順

N-[(1S)-1-Phenylethyl]-benzeneacetamideの合成[1] bode_peptide_6.gif

窒素雰囲気下、撹拌子を備えた500mL丸底フラスコにフェニルピルビン酸(4.75g, 28.9mmol, 1.0 eq)のN,N-ジメチルホルムアミド(289mL)溶液を調製する。5分撹拌後、室温にてN-hydroxy-(S)-1-phenylethylamine oxalate (9.20 g, 40.5 mmol, 1.4 eq)を固体のまま、一度に加える。反応溶液を40℃に昇温して、完結するまで撹拌する。
溶液をエバポーレータ(50℃、10mmHg)にて約20mLにまで濃縮後、黄みがかった溶液を、30分かけて室温にまで放冷する。その後ジエチルエーテル(200mL)で希釈し、1N塩酸水溶液(200mL)を入れておいた分液漏斗に注ぐ。有機層を分取し、1N塩酸(200mL)で再び洗浄する。水層を合わせ、ジエチルエーテル(3×200mL)で抽出する。有機層を合わせ、飽和重曹水(200mL)で洗浄する。またこの水層からエーテル(2×200mL)で逆抽出する。有機層を合わせ、飽和食塩(400mL)で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥する。ろ過後、有機層をエバポーレータ(40℃、20mmHg)で濃縮し、真空ポンプ(2mmHg)で一晩乾燥すると、黄色の粘稠性油状物質として粗生成物が得られる。
これをカラムクロマトグラフィ(SiO2, 280 g)にマウントし、30% 酢酸エチル/ヘキサンを展開溶媒として精製することで、目的物を白色固体として得る (5.92-5.96 g, 収率85-86%)。

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Carrillo, N..; Davalos, E. A.; Russak, J. A.; Bode, J. W. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 1452. DOI: 10.1021/ja057706j
[2] Lu, J.; Lipert, A. R.; Bode, J. W. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 4253. DOI: 10.1021/ja800053t
[3] Lu, J.; Bode, J. W. Org. Biomol. Chem. 20097, 2259. DOI: 10.1039/B901198F
[4] Fukuzumi, T.; Bode, J. W. J. Am. Chem. Soc. 2009131, 3864. doi:10.1021/ja900601c
[5] Ju, L.; Bode, J. W. Org. Synth. 201087, 218. DOI: 10.15227/orgsyn.087.0218

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

関連記事

  1. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  2. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reacti…
  3. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  4. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  5. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  6. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  7. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  8. エタール反応 Etard Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特許の効力と侵害
  2. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  3. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  4. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  5. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  6. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  7. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  8. 2009年イグノーベル賞決定!
  9. ペイン転位 Payne Rearrangement
  10. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP