[スポンサーリンク]


有機金属化学

  1. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

    キラルなα-カチオン性リン配位子を設計、合成し、Au触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応へ適用することでヘリセンの新規不斉合成が達成された。α-カチオン性リン配位子遷移金属触媒反応における配位子の重要性は高く、触媒の反応性を活かす…

  2. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

    位置選択的かつ立体選択的なC–H活性化有機化合物の炭素-水素結合を切断し、有用な官能基へと変換す…

  3. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

    触媒の配位子で位置選択性を制御できるヒドロチオ化反応が開発された。本反応はアミノチオエーテル化合物の…

  4. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

    「ケムステ海外研究記」の第4回目は、ライス大学化学科・大学院生の大畠 潤さんにお願いしました。…

  5. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

    先日より公開している「ケムステ海外研究記」、引き続き数人に依頼を進めております。知人づてですのでそこ…

  6. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体

  7. ハートウィグ有機遷移金属化学

  8. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

  9. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  2. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  3. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  4. 電子学術情報の利活用
  5. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  7. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP