[スポンサーリンク]

B

ビギネリ反応 Biginelli Reaction

 

概要

三成分縮合反応(Three-Component Reaction)の一種である。
生成物であるジヒドロピリミジノン骨格は、抗てんかん薬やカルシウムチャネル拮抗薬に見られる構造であり、その潜在的重要性から、近年多くの着目を集めている反応である。

基本文献

 

開発の歴史

1891年イタリアの化学者Biginelliによって報告された。

Pietro Biginelli

Pietro Biginelli

反応機構

参考: J. Org. Chem. 199762, 7201.
biginelli_2.gif

反応例

触媒的不斉Biginelli反応:ランタノイド錯体[1]および有機分子触媒[2]を用いるものなどが知られている。
biginelli_3.gif
BatzelladineFの合成[3] biginelli_4.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

[1] Huang, Y.; Yang, F.; Zhu, C.J. Am. Chem. Soc. 2005127, 16386. DOI: 10.1021/ja056092f

[2] Chen, X.-H.; Xu, X.-X.; Liu, H.; Cun, L.-F.; Gong, L.-Z. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 14802. DOI: 10.1021/ja065267y

[3] Cohen, F.; Overman, L. E. J. Am. Chem. Soc. 2001123, 10782. DOI: 10.1021/ja017067m

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting …
  2. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  3. FAMSO
  4. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  5. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  6. 植村酸化 Uemura Oxidation
  7. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…
  8. マクマリーカップリング McMurry Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  2. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  3. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  4. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応
  5. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  6. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  7. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  8. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  9. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  10. 100円で買えるカーボンナノチューブ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP