[スポンサーリンク]


有機金属化学

  1. 第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

    第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトンにあるワイカト大学化学科に所属し、主にフッ素系配位子(最近ではN-ヘテロ環状カルベン)を有する遷移金属錯体の化学研究と、遷移金属錯体を用いた…

  2. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

    第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

  3. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。…

  4. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

    第105回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ウェラー教授です。オックスフォード大学化学科に所…

  5. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

    第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

  6. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

  7. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

  8. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授

  9. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

  10. リガンドによりCO2を選択的に導入する

  11. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  12. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

  13. エリック・メガース Eric Meggers

  14. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  15. ザック・ボール Zachary T. Ball

  16. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  3. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  4. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  5. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成
  6. 一流化学者たちの最初の一歩
  7. デンドリマー / dendrimer

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP