[スポンサーリンク]


有機金属化学

  1. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授

    第44回の海外化学者インタビューは、スティーブ・ノラン教授です。スペインのタラゴナにあるカタルーニャ化学研究所(ICIQ)に在籍(2019年現在はベルギーのゲント大学所属)し、有機金属化学と均一系触媒開発研究に取り組んでいます。それではイン…

  2. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  3. リガンドによりCO2を選択的に導入する

    初めまして、この度Chem-stationスタッフとなりました、SQと申します。有機化学や創薬化学を…

  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  5. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

    第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

  6. エリック・メガース Eric Meggers

  7. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  8. ザック・ボール Zachary T. Ball

  9. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

  10. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

  11. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

  12. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  13. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  14. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体

  15. ハートウィグ有機遷移金属化学

  16. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  2. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  4. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  5. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  6. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  7. パラジウム価格上昇中

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP